「コーチングの本」特集

ああ、またしばらく更新できませんでした…。
でも、本は読み続けていましたよ。どんなに忙しくても、すき間時間を利用して読んでます。
今回は、せっかくなので、「コーチング」に関して重点的に読んでみました。というのも、最近、お客さんと話したり、いっしょに仕事している人と話したりしたときに、うまく情報を引き出す技術、「コーチング」というものを知っていれば、どれだけ良いか、なんて感じた瞬間が何回か。
今回取り上げた本は、、最近の本ではない本ばかりになってしまいましたけど、なにげに良い本とも出会えました。
振り返って、私にとって、この本は読んでおけと言う本は、確実に2冊。
コーチングが人を活かす
もしもウサギにコーチがいたら

期せずして、ともに「コーチング」とは、なんたるものかと言うことが書かれていた本でした。
この2冊は、多分何度か読むことになるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です