SEO SEM Technique vol.1

SEO SEM Technique vol.1
SE編集部 北砂 ヒツジ
4798112615
 SEOはアルゴリズムがしょっちゅう変るので、難しいモノのひとつですよね。なかなか追うのは難しいので、もう成すがままにするのが1番な気がしていますよ(汗) やはりブログのようなサイト作りで、いくつも記事を載せていくと、どれかが効果的にヒットする、ということも経験しています。何がヒットするかはいつも不思議な事になっているので、読めないですけどね。

 SEMはYahoo!のオバーチュアにも参加していますけど、思ったよりクリックされていないなあ。なかなか効果が上がっていない気がします。先月払ったのも数十円というレベルですから、もっと研究しないと行けないよなあ。

 この本では、そんな裏の事情までしっかり書かれているので参考になる所が多かったですね。SEO事情は、始終変るので、このような形のムックで発売されることで、その時々の傾向が押さえられる。そういう意味で心強い1冊かと思います。

 例えば、検索スパム[G]はどんなモノがあるでしょうか。似たようなサブドメインを作りまくって、リンクを張るなんて言う手法はダメみたいです。会員誘導型のリンクサイトに載せると言うのも効果がなくなるようですね。そういえば、リンクを一括で載せるプログラムに掲載した途端、Googleで検索に載りづらくなった、なんて話を聞いたことがありますな。

 やはり王道はコツコツリンクを掲載してもらう。記事を書いていく。サイト内リンクを増やす。そういった地道な作業が効果的なようです。
 また、最近の事情だと、量を用意すると言うのが重要なことだとか。確かにブログをやっていて100件くらいだと反応が悪かった。それが、300件を超えたくらいで、確かに検索の反応率は一気に上がった気がしましたね。
 ちなみに、1000件超えましたけど、それは、だからどうしたって感じでしょうかね。どちらかと言えば毎日更新して、その時に見にきてくれたほうが実感的に、アクセス量は増えていますからね。さぼらず更新。そして、キーワードを見つけ出す。これが効果的なのでしょうかね。
 やっぱり楽できないや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です