吼えろペン 11巻、12巻

吼えろペン

11巻12巻

 島本和彦が、また無茶をやった!なんとコミックを2巻、同時発売。この本のファンなら、感じるかもしれないけど、また、自分を逆境にして、本を作ったに違いない! そして、2巻同時発売ということで、あとがきが書いてあるのは、11巻だけだ!どうした島本!

 なんて書いてみたけど、島本さん、あんた、相変わらずマンガと同じで自分追い込みすぎて、壊れないでね…。なんて、思ってしまいます。コミックに新規書き込みページも多かったろうし、ネタも冴え渡っているし。富士鷹ジュビロ(言わずとしれたサンデーの暴れん坊)との抗争劇は相変わらず、大人げない緊張感高まる戦いが繰り広げられている!

いや〜、やっぱすげーよ! 島本、あんたは俺の心の師匠だ!熱いぜ〜!この暑苦しい夏に、こんな熱いものの出すなんて、あんたやっぱバカだ!!

そういえば、この前のトリビア見ました? 島本さんが野球ネタのことで、絵が出てました。相変わらず、熱い絵で! これが見られただけでも、あの番組見て良かったと思いましたよ。その模様、サンデーGXの編集部でも話題になったようですな。また、あの伝説の野球マンガ「逆境ナイン」の新作も発売していたようです。島本、こんなに仕事して、大丈夫なのか? ことしは夏が暑すぎるぞ!
 作品は「ゲキトウ 1 (1)イブニングKC
 これも買っておかないとなあ。

話を戻して、「吼えろペン」はサンデー読者はぜひ読んでおこう。「かってに改蔵」でも、暴れていた藤田先生、あだち先生も時々出てますんで…。

久米田先生も出てこないかな…。ものすごい人間性が逆な感じが出てきて面白そうなんだけど…。

吼えろペン 11巻、12巻” への1件のコメント

  1. しし丸さん、こんばんは♪
    My Recommend Books!へのご参加ありがとうございました。
    凄い情報量ですね(驚)
    普段、フィクション以外ほとんど読まないので浦島太郎状態ですが、少しでも興味を持てるきっかけとしたく思います(笑)

    これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です