映画トランスフォーマー見てきました

トランスフォーマー (ハヤカワ文庫 SF フ 15-2)
アラン・ディーン・フォスター 中原 尚哉
4150116229

映画「トランスフォーマー」を見てきました。
とにかく派手な作品の出来上がりです。また、アメリカの新兵器がたくさん出てくる。兵器マニアな人でも、あれだけ新兵器や、A-10[G]といった往年の兵器が登場してきたり、あれもうロールアウトしていたの?と名前だけは先行して有名になっているオプスレイ[G]がオープニングに登場します。
そんなアメリカの兵器を見ているだけでも楽しい限り。

って、肝心のロボットたちの話が出てきませんね。
最初のうちは、オタクの子がなんとか車を買うために、先生にお願いすると言う、あんまりパッとしないストーリーから話が進んできます。そこでカーショップに出てくるのが…

ということで、ネタバレになると行けないので、この続きは読みたい人だけと言う事で。

スポーツカーとして最初に出てくるバンブルビー。とってもかっこいいですよ。
このキャラクターがこの話のメインキャラとも言えるでしょうね。

今回のトランスフォーマーですが、最初に決めた形が最後と言う訳ではなくて、進化?というか、変形前の形は変えることができるみたいです。おもちゃ化したのはかっこいいほうですな。ぼろ車エディションも是非発売して欲しいと…。
トランスフォーマー ムービー バンブルビー MA-03
B000PY31AM

そして、肝心のコンボイこと「オプティマス・プライム」があとから登場してきます。
オプティマスプライムかっこいいんですけど、顔がどうも好きになれないなあと。また、CGの動きがとてもびっくりするようなことをしてくれますよ。しなやかな動き。そして変形。
このCG見るためだけでも、この作品を映画で見る価値があるかもしれません。
トランスフォーマー ムービー オプティマスプライム MA-01
B000P6YMYY

今回は、スタースクリームの役どころが小さいので、もっと出して欲しいけど、どうも次の作品ではもっと出来てそうな雰囲気を持っていましたね。さて、本当に2は作るんでしょうか。

総じて言えば、バカ映画です。
そして派手にドンドン爆発して、ふっとんで。爆発やら、デストロンが追いかけてくるので、主人公が逃げまくる。とにかく走る。よく走る、逃げる映画ですよ。

トランスフォーマー同士で戦うシーンもあるのですが、どっちがどっちやら、わからなくなりますね。このカメラワークというかキャラ分けは何とかして欲しい所ですけどね。

でも、ドーン、ドカーンを期待して見に行くにはちょうど良い。ある意味笑えますし、あんまり考えなくて良い。そういう意味で、夏らしい映画館向けの作品でした。個人的には好き。

でも、子供と一緒に行かなくて良かったとおもっています。小さい子にはちょっと怖いかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です