東京シティーサイクリングに参加しました

9/16(日)に行われた東京シティーサイクリングに参加してきました。
このイベント、約1200人もの参加者がいた、自転車のイベントとしてはけっこう大きなイベントだと思います。都庁をスタートして、青山、表参道、六本木を周り銀座を抜けてお台場へ。
そして、お台場から、皇居を回って神宮外苑まで戻ってくると言うイベントです。
残念ながら、東京シティーマラソンのように全車線を止めて走る事ができることはないですが、赤信号に止まりながら、えっちらおっちら、ゆっくりした雰囲気で、都内を回る、そんなイベントでした。

当日の朝行って見ると、都庁の広場は、珍しい自転車でごった返していましたよ。
たくさんの自転車
見ていると高いロードレースの自転車あり、モールトンあり、BD−1ありと、世界の珍しい自転車が集まっているんじゃないかと思うくらい、変った自転車、値段の高い自転車、そしてママチャリもありと、様々な自転車が参加していました。
私も、MR−4Fという、それなりの自転車持っていましたけど、やっぱり自転車中毒な人は多いなあと、ちょっと唖然になるくらいでしたねえ(笑)

さて、実際に走ってみると、最初スタートしたときは1200台の参加者ですから 数珠繋ぎ。遅いスピードで六本木くらいまでを2時間くらい、ゆっくり走りました。
皆気ままに途中のコンビニに行く人、ご飯を食べ始める人と、かなり自由な状況ではありましたけどね。

そして、第一給水の新橋を抜けて勝鬨橋に進んで行きます。いやー、ここからがメインイベントでした。
勝鬨橋の上から
橋のアーチは、なかなかの坂道。けっこうつらかったですね。そして、風はびゅーびゅー。でも道路だけは広くて、気合い入れてこいでいました。

後半には、参加者も休み休みで、 17キロくらいは道が空いてきてくれたおかげで一気に進みました。
時間にすると1時間ちょっとくらいだった気がしますね。 途中、皇居の周りだけは車乗入禁止でしたので、そこは楽しんで走りましたよ。

何より無事ゴールの神宮外苑の表示が見えてきたときは嬉しかったなあ。溜池辺りからずっとゆるい坂が続いていたので、ちょっと苦しかったものでね。

ゴールだあ
でも、ゴールできたのは嬉しかったな。無事に38キロ走りきったときは、正直気分的には感動しました。今までこれだけの長距離走った事なかっただけに、自信になりました。もっと体力付けて、そして、もっと痩せて(笑) 距離長く走れるようになりたい物です。

本当に自転車って楽しいと再認識させてくれるイベントでした。
また、機会を見てこのイベントだけでなく、他のイベントも参加したくなっちゃいました。
楽しんで自転車に乗る機会、もっと増やそうと思いましたよ。

ちなみに、走った後は筋肉痛はなかったのですが、胃腸がなぜか弱まってしまいました。ちょっと食事するとすぐトイレに駆け込んでました(汗) ちなみに油ものというか、薩摩揚げ食べたら、油にやられたのか、胃けいれんして倒れていたのも事実です。
体力をつけるのも当然ですが、内蔵も鍛えて行く必要があるようですなあ(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です