神秘家 水木しげる伝

神秘家 水木しげる伝 (怪BOOKS)
水木 しげる

私にとって今一番おもしろい漫画家って誰だろうと考えてみると、最近妙にはまっているのが、水木先生。

鬼太郎が面白いと言うよりも、水木先生が面白すぎる。
実際に水木先生にインタビューしてきた友達が言うには、本当に人間離れしているというか、不思議な魅力とオーラ持っている方だと言うじゃないか。うーーん、今生きている妖怪って水木先生なのかもしれません。

その水木先生の人生をまとめたマンガが、この水木しげる伝。

生まれた当時の境港の話は、今の世の中とかけ離れた感もある。当然そこに出てくるは、有名なのんのんばあも出てくるし、不思議な親父さんや出来事もいろいろと。
この環境が水木先生をはぐくんだんだろうなあ。

当然漫画家になって食えない頃の話は、また面白い。食えない頃は先生、どうも貧乏神が見えていたらしい。だから貧乏だったのかな。でもある日、福の神が現れてから鬼太郎が大売れ。実際にありそうだから笑ってしまう。

そこからは世界の霊的な話もでてきたり。メキシコの話やらイギリスの妖精の話やら。

知っている編集さんに裏話も聞くとまた面白い水木先生。しばらく、作品以上に注目ですね。こういったエッセイ漫画的なものもこれから、是非書いてほしいですね。4048541943

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です