ASAHIパソコン 休刊!

ASAHIパソコン
最近、パソコンの雑誌が元気がないようですね。
ASAHIパソコンも今回の号を持って最後となりました。

この号には、どうしても読んで見たい記事が。それは、最後にパソコン業界に苦言を。という事で、言いたいことがきっと書いてあるのだろうと、その部分を期待して買ってみました。

たとえば、「メーカーに物申す」というコーナーでは、アップルの事が書かれていました。「是非MacOSXを開放せよ!」などと…。せっかくインテルベースになったのだから開放して、他のマシンで使わせてよ、なんて書かれていました。デモ、そんなことあり得ないよなあ、とマカーな人間からすれば。Windowsって色んな会社からでているせいか、あんまり安定した機会に私は巡り合った事が少なく。それならハードから「これ!」って組み合わせているMacの方がよっぽどよいと思っているんですけど、ねえ。そこら辺は、意見が大きく分かれる所でしょうけどね。

その外、デジタルカメラは低価格競争をやめろ!とか、パソコンはAVとの融合など忘れろ! といった納得できる所もありました。でも思ったより過激ではなかったかな。

ともあれ、一時代を作ったパソコン誌がなくなるんですね。また、インターネットマガジンも休刊になるそうです。
それだけ、パソコンと言うものが一般化して、専門誌などいらなくなったと言う事なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です