成功はどこからやってくるのか?  ~「成功法則」の取扱説明書~

成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~
岡本 吏郎

by G-Tools
 「成功法則の説明書」と来ている。今年になって、異常に成功法則とやらに、興味を持ったのは事実、でも、散々読んできて、何となく共通の見解と、実行すべき事は見えてきた。そして、本当に必要な条件と言うのも、肌に感じ始めていた。

 そこに、この本の登場だ。以前、岡本さんはあなたの会社にお金が残る 裏帳簿のススメでかなり重要な情報をいただいた。今回もきっと、そんな感じなのかと思って、期待して読んでみた…。

続きを読む

カーネギーの個人授業 巨富を築く人、誰でも活用できるそのテクニック〈後編〉

カーネギーの個人授業 巨富を築く人、誰でも活用できるそのテクニック〈後編〉
ナポレオン ヒル Napoleon Hill 田中 孝顕

by G-Tools
というわけで、後編。

前回では人間の組織化、そしてマスターマインドの活用により、富をてにする手段について語ってきた。それでは、後半では。

 後半では、人間の組織化ではなく「思考の組織化」。 考える知識を育てる事で先延ばしすることなく、新しい習慣を取り入れ確信を続けるよう話が始まる。

続きを読む

巨富を築く人、誰でも活用できるそのテクニック?カーネギーの個人授業 (前編)

巨富を築く人、誰でも活用できるそのテクニック?カーネギーの個人授業 (前編)
ナポレオン ヒル Napoleon Hill 田中 孝顕

by G-Tools
 毎度おなじみ、ナポレオンヒル作品。
 ナポレオンヒルの作品は、巨富を築く13の条件を読まないとあんまりよくわかんないと思うので、最初に読んでおきましょう。
 で、ナポレオンヒルがカーネギーから「成功法則」をまとめる事を頼まれた事を受けて、その内容についてカーネギーにインタビューしたよ、というのがこの作品。

 とにかくナポレオンヒルはこの一言が決め手と言う事で。
「彼らがいま地位にいて、今の賃金に甘んじているのは、ひとえに自分心にで設けた限界のせいだ」

 成功本の大本らしい一文ですな。

続きを読む

Novamindでマインドマップ

novamind

 この前の無敵会議の時に使ったマインドマップがなにげに好評でした。ということで、それを作成するために使った、マインドマップ作成ソフト『NovaMind』をご紹介。
 ちなみにこのソフト、MacだけのそれもOSXだけのソフトです。それ以外の方はあしからず。
 マインドマップを作るソフトって、これだけじゃないんです。WindowsにはMind Managerと言うソフトがあるんですがあります。しかし、このソフト私にはあいませんでした。
 というのは、一時期、Macじゃなくて、軽くて済むWindowsのノートに乗り換えようと思ってました。ところが、使ってみたら、直感的に作成できないんです。それで結局困った私は、あっさりiBookを買って現在使用しています。
 
 正直申し上げて、このソフトと、OmniOutliner[G]OmniGraffle[G]そして、mi[G]Jedit[G]のソフトがある限り、マックを使い続けるでしょう。これに変わるソフトをWinで散々探したのですが、結局見つかりませんでした。

 マシンを買い替えを促しちゃうほどの魅力。とにかく、それだけ価値があるソフトです。ちなみに、サイトでは英語表記ですけど、ソフト自体は日本語翻訳されています。以下の画像参照のこと
20041127-pict.jpg

続きを読む

ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門

ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門
カレン・キングストン



Amazonで詳しく見る
by G-Tools
自分の中では、この本を読む事ででガラクタというか、使わないものをモツ習慣をおさらばしようと思っている。この数ヶ月の間に、整理術というか、片づけに関する本を4冊ほど読んできたけど、この本も「なるほど!」 と唸るような節がいっぱい入っていた。

 要するに必要ないものを持たなければ、自分の生活は軽くなる。物が少なくなれば、移動するのも楽になる。そして、旅行をする事も楽になるし、場合によっては好きな時に好きな場所で仕事を出来る可能性が出てくる。そのためには、「執着心」と「恐怖心」の塊である、「モノ」を持たないようにすると言うのが一番の特効薬か。

 この本は、「風水」とあるけど、「西に黄色」とか、「ピンクのうさぎの置物」といった情報は何も書かれていない。単純に「気」を流すにはそこに阻むものがあると問題でてくる。それを取り除く事で「気」をより良く流そうというのが、この本。

 日本の風水だと、「あれを足して、これを足して」だけど、この人の場合は「あれを取り除け、それを取り除け」 引き算の風水。

 西洋の人がバリで習った風水だからちょっと違うかもしれないけど、この知恵を文庫で安く手に入れられるんだから、読んでおかなきゃソンソンよ。

続きを読む

無敵会議『会議×会議』に行ってきたよ

  

 毎月恒例、無敵会議。今月のお題は「会議」。
 いままでの無敵会議の内容を振り返りながら、よりよい会議は出来るものかと、そんなアイデアと思索にとんだ会議でした。
 と言いたいところですが、どちらかというと、 今年の無敵会議総集編という感じでしたね。そんな今年の会議のやり方をまとめていただくと、こんな感じで無敵会議、作成したようですね。

無敵会議プランニング

  • 3週前に会議の方向性をきめるよ
  • 内容はメッセンジャーで
  • 細切れで”バチバチ” だいたい決定
  • 会うのは早朝会議
    渋谷のエクセルホテル
    朝は決まるね
  • チャットで細部
  • 1週間前に決定 そして発表

忙しいお二人のコラボレーションということで、細切れ時間の使い方がやはり大きく物を言う感じでしょうねえ。これは見習わなくっちゃ。

続きを読む

美人(ブス)投票入門

美人(ブス)投票入門
山本 一郎



Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 言わずとしれた切込隊長[G]がおくる、株式銘柄を選ぶ方法! と言う感じなんですけど、このタイトルだと、知っている人じゃないと『株』の本だとは思わないだろうなあ…。

 ちなみに、以前紹介した「投資情報のカラクリ」が2冊目の本で、この本が1冊目の本。最初から、株やっている人なら、なんとな〜〜く実名がわかる感じで、生暖かく書いてくれています(笑) 

 ちなみに、この本を読めば、株で収益が得られるのでしょうか。はっきりかいてありましたよ。

「そんなもんは知らん。」

続きを読む

「会計戦略」の発想法

「会計戦略」の発想法
木村 剛



Amazonで詳しく見る
by G-Tools
言わずとしれた、「木村剛[G]」氏の本。

 要するに、会計をしっかり嘘なくかいて、オープンにする事で、会社の揺らぎをハッキリ出す。ウミを出せる。問題が早くわかる。
 社長の首や業績の悪い部門の人を除いて、一番効率の良い会社の管理が出来るよ、と教えてくれる、そんな本。大企業向けに書いているけど、ポイントは中小企業だって使える事が多いよ。

続きを読む

大きなケーキは人にゆずろう

大きなケーキは人にゆずろう?お金持ちになるための“母の教訓”
バーバラ コーコラン Barbara Corcoran 大野 晶子

ソニーマガジンズ
2003-10
売り上げランキング 4,479

おすすめ平均 
大切な教訓

Amazonで詳しく見るby G-Tools
 「かわいい表紙だなあ」なんて思って、何となく読むのを後回し、後回し。とてもビジネスに関する本じゃなさそうな感じなんだけどね。なんて思って読んでみると、以外に骨太。
 しっかりした起業から様々に表れる困難ごとを、うまく切り盛りしていく女社長の対応。それを元にお話は進んでいきます。そんな、社長に知恵を与えてくれたのは子だくさんのお父さんお母さん。生活の知識は、どんなビジネス理論より役に立つ、そんな、たくましい本でした。また読んで見たい章もあり、実際にこの本にある事、やってみようとも思っています。

 成功の近道は以外に、足下にあるのかしら。

続きを読む

モノを捨てる技術

モノを捨てる技術?発想の転換でぐんぐん片づく
ドン アスレット Don Aslett 青島 洋子 森下 麻矢子



Amazonで詳しく見る
by G-Tools
減らしましたねえ、最近。
だいぶ処分しました。本とか、100冊以上処分したし、おもちゃ関係もほとんど捨ててしまいました。ゲーム関係は売っちゃいました。あーすっきりした。
 
 最初、必要だと思い込んでいたけど、ないならないなりに、何とかなるもんだなあと。
 写真とかもいらないし、昔の着られなくなった洋服も、タンスの肥やしでは意味がない。ということで、親戚にあげたり、窓拭きの布巾にしたり。

 必要ないものは結構あるものです。調べてみると、ゴミもって移動していたり。
 意識を変えるに役立った本です。

続きを読む