絶対売れる!ネーミングの成功法則

絶対売れる!ネーミングの成功法則ーコンセプトづくりから商標登録まで
岩永 嘉弘
4569623913
 商品の展開を考えいるときに、やっぱり重要なのはネーミング。それによって、簡単に受け入れられるときも、全くない訳じゃない。「気になるなあ」というネーミングができれば非情にうれしいしねえ。

 という事で、ネーミング専門の本を読んでみました。やはり、現在のマーケティング戦略の一つとして、ネーミングはかなり重要視されているようでもありますね。
 ネーミングの付け方も、やはり販売対象に好感が持てる、そういったネーミングを。という事は、基本的なマーケティング活動と同じように、やっていく必要が出て来ますね。
 
 この本では、ネーミングの具体例として、例えば、たくさんの国の言葉を使う、といった事や、会話後からといったものも。商品に合わせてその開発手法は色々あるものですねえ。

 面白かったのは商標。商標って思ったより簡単に取得できそうな雰囲気です。これは一度試してみようかと考えています。取得には以下のホームページ
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

 また、取得の為には、特許庁電子図書館の商標検索から、調べると既に取られているかどうか、チェックできるようです。
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

取得には、最低でも、6万6千円かかるそうです。商品によっては、取ってしまうのもありでしょうね。

リロ&スティッチ

リロ&スティッチ スペシャル・エディション
三ツ矢雄二 山寺宏一 石塚運昇
B0009Q0K3M
 以前からTVでやっているシリーズもあって、気にはなっていたのですよ。その番組を見ていると、とってもほんわかした雰囲気と、ハワイのあったかいイメージがあって非常に面白そうだなあ、と。ムスメはミッキー好きですから、ディズニーランドの話題を見ていると出てくるのが、「フリフリ.jp」なる、ステッチを主人公にしたイベントが。思ったよりメジャーキャラクターなのかなあ。

 という訳で、気になっていたこの一本、見てみました。SF好きにも奨めそうだし、ハワイの自然好きにも。
 SFちっくに始まるこの作品、銀河連合に逮捕された博士、それが発明したのは破壊の限りを尽くすクリーチャー。護送中に逃げだして、落っこちたのがハワイ。そこで現地の子供に名前を付けられたのが、「ステッチ」。名付けたのがリロ。
この二人を中心にハワイを舞台に宇宙を相手に、むちゃくちゃしまくるのがこの作品と言う訳だ。もっと素晴らしく紹介しているサイトは、どっかにあるかと思うので。そちら参考で。

 最初の作品は、ちょっと重い話も多かったか、3才の子は少し飽きていたかな(笑) でも、大人がクスリとするシーンはとっても多かった。エルビスプレスリーの物まねのシーンなんかは、良くできているなあ。本当に好きな人が、作っているのもあるだろうね。

続きを読む

ユダヤ人の頭のなか

ユダヤ人の頭のなか
アンドリュー・J・サター
475730241X
 ユダヤ人関連の本は何冊か読んできています。こっちの期待しているのは「MMR」のような謎があるんじゃないかなあと。よく言うよねえ、「ユダヤ人の陰謀[G]」なんて言う話題もあるしねえ(笑)
 そんな理由もあるので、前から気になる本でもあったので読んでみました。

 まず最初に来るのは、そんな特別な物はないのだよと言うことで。ただユダヤ人の受けてきた歴史が普通と違っている。とても虐げられた歴史が有ったと言う事。そこには、キリスト教が関わっていると言う事もあるらしいけどねまた、お金持ちが多いと言う話があるが、実際には金持ちの率で言えばそんなに多い訳でもなく、貧困層は実に13%もあると言う事だ。この比率が多いかどうかは、比較していないからわからないけどね。判断の材料にはなる。

 そして、成功者が多いのはなぜか。それは、その歴史が関係しているかも知れない。現在はユダヤ人だからと言って制限はないが、ここ1〜200年の間に広がった自由であったと言う事。それまでは、ヨーロッパにおいて、制限された仕事しか付けなかった。例えば金貸しと言った。

 そのために、お金に対する考え方や、その教育論についてもある意味生き残るために培ってきた物とも言えるのだろうね。

 とにかく学び、権威を持っていても疑い、「シカタガナイ」という言葉を消す事。これが、秘訣かもしれないでしょうか。

ガラクタ捨てれば未来がひらける

ガラクタ捨てれば未来がひらける
カレン・キングストン 田村 明子
409418032X
以前紹介した「ガラクタ捨てれば自分が見える」の続編。
 今回は片づけると、運勢がよくなるよ、というだけでなく、もう一歩踏み込んだ内容になっている。何に踏み込んだと言うと、家の中のpowerをどうするかと言う事。より、不思議ちっくになっていますw

 スペースクリアリングという手法を使ってより家の中に力を回そうと言う事らしい。気の流れる道と言うのが必要と言う事かな。
 ある意味、より微妙な内容とも言えますなあ…。

 まあ、ややこしい手法があるので、それは本に譲るが、とにかく基本はガラクタをかたずける事。少しでも入らない物は処分していきましょ。これは、改めて自分に言い聞かせてますけどね。

こころのエンジンに火をつける 魔法の質問

こころのエンジンに火をつける 魔法の質問
マツダ ミヒロ
4763196782
 薄い本なんですけどね、なんか迫ってくる内容がある本です。小さな質問がいくつもならんでいるのです。例えば、こんな感じです。

  1. あなたが最も幸せを感じるのはどんなことですか?
  2. あなたが嫌いな事は何ですか?
  3. 最近がんばりすぎている事は何ですか?
  4. 今、区切りを付けたい事は何ですか?

 質問には全て理由があって、より良い毎日を迎えるために、どうしても必要な事、それを気付くように書かれている。
 当然、たくさんの質問が書かれているので、それを読んだ時に応じてきっと答えは違ってくるし、どの質問に自分が引っかかるかも違ってくるだろう。でも、気がつかない事って以外に多いのでは。いままで何とかこなしていたからそのままでも良いだろう。それじゃあ、ダメなんだよ。この本を読むと気がつく事もある。

 とにかく自分のためにより良い日を迎えるために、この質問に答えなくてはいけないだろう。

  • あなたの『はじめる日』はいつですか?

すごい上司

すごい上司 なぜ人は言われたこともできないのか 部下が自ら動き出す心理学
松下 信武 ほか
4833450194
 人といっしょに仕事をして、人に対して指示をして、人に対して仕事をお願いして。やってみると、これがまた難しい。人によっては性格が合わない事もあるし、頼みずらいこともあるから、ねえ。

 そんな時でも、ある程度相手の心理を考えながら、仕事は進めないといけない訳で。そこで、この本では、さまざまなシチュエーションを見てきただろう、コンサルタントや経営者などが書いている。

 まず、私が気になったのはどこまで仕事をお願いしても良いのだろうか。この本にもあるように、権限委譲は行なわないといけない。人は責任もって仕事をやり遂げる事に、生き甲斐を感じるからだろう。ただし、丸投げ上司になるようなマネは、いけない。そこだけは、気をつける必要があるだろうね。
 
 そして、仕事を依頼する時、どこまで相手に依存?というか、期待する事が出来るのだろうか。そこには、様々な困難が伴うが、お願いできる性格もあるので、そこは相手によって、と答えるしかないかな。しかし、この本には、耐えられるであろう部下の性格もある。

 そして、最後には、目標と営業成績という物を持ってきてもらいたい。これは、会社をやっていれば誰でも思う物ですがね(笑) そんな、目標設定のやり方もトップダウンだとダメなようだ。極端に上を狙うよりは、今まで出来た事のちょっと上を狙う。それが以外に功を奏す。
 何でも期待のしすぎは良くないようだね。

「みんなの意見」は案外正しい

「みんなの意見」は案外正しい
ジェームズ・スロウィッキー
4047915068
けっこういろんなブログで取り上げられていますよね。この本。気になったので手に入れてみました。

気になった記事はこちらで
Passion For The Future
たつをのchangelog
webook

 なかなか興味深い本ではありました。だけどそれほど話題に上がるほど面白い事書いてある訳ではないんだなあ、とも思ったりしながら(笑)

 事例として面白かったのは、スペースシャトルの故障の原因、実は一番早く感ずいていたのは、株式市場であったというくだりは面白かったなあ。突飛なような動きも含めて、それでの全体の動きというのが、結果としてかなり精度の高い予想を立てられると言う事なんでしょかね。
 無茶な意見と言うのも無視できませんね。

 そして、全体の総意というのが前提のみんなの意見。ときには民主主義ということでもありますけどね。それを悪用して、税金も払わずに公共施設を使うなんて言うくだりもありました。でも、全体を通すと、世の平均となるとうまくいく。
 この本の内容からすれば、世の中の性善説的な話でもありますけど、世の中は、思いのほか、善意の思想で成り立っているようでもありますね。

オマケつき!マーケティング

オマケつき!マーケティング
セス・ゴーディン 沢崎 冬日
447850251X
 セス・ゴーディンの本は面白いなあ。でも、使えるかどうかって言われると、微妙な所もある所はご愛嬌かな。今回のポイントは「オマケ」。
 
 目的のものを買うとすれば、その時についてくる「オマケ」に人は感動する事もある。それは、物にこだわらずに、サービスだったり情報だったり。
 そこには、「驚き」というポイントがあるんでしょうね。例えば、金のエンゼル[G]は驚きとしか言い様がないからねえ(笑)

 オマケをもつ、そこにはお客さまに買ってもらう戦略が必要。実はこの本はそこが言いたかったようだ。
 アイデアを出したとしても、続けないと意味がない。続ける事。そして、ホームラン、近道を行かずに、小事を積み重ねていく事。こう書いていくと、意外に手堅い本だね。

 見た目の派手さへの演出は彼の得意とする所。そんな「エッジ」の演出も書かれている。そこにはズレというこだわりが必要なようだ。あたりまえではなく、そこにちょっとしたオマケを加える事が彼流と言う訳なんでしょうね。

はてなブックマークをNucleusに設置する

 以前よりつけてみたかったのです。はてなブックマークを。
 はてなブックマークとは、様々なブログのエントリーの中で、「これは!」と思った事をブックマークつけて、あとからまとめてみる事ができると言う機能です。この機能があれば、何となく検索エンジンで見つけたサイトに、チェックだけいれておく、という事が可能です。「お気に入り」に入れるほどではないけど….というときにも便利。

 また、自分のつけたブックマークを人に見せる事も可能です。試しで、つけはじめた、しし丸のブックマークでも、見てみて下さいな。ちなみに、人のブックマークを見てみると、自分が注目しないような、知らない話や驚きのエントリーを知る事ができて面白いですよ。
 
 と、今までつけていなかったのは、単純にどうつけていいのか、よくわからなかったんですけどね。その付け方は….続きます

続きを読む

W-Zero3でスナップショットをとる方法

w-zero3snap
スナップショットをとる方法、知りませんでした。という事で、覚書。
(Windowsでは、スクリーンショットって言うのね)

「Fn」+「Shift」+「C」同時に押すと撮れる。(BMP保存)
保存先は、MyPictureではなく、ルートディレクトリなので、気をつけましょう。

 あと、BMP形式だと、重たいので、JPG形式で取りたいときは、こちらのアプリを起動すると、スナップショットを取ってくれます。
 でも、正直使いずらいよ…。普通にW-zero3内で画像を圧縮もしくは、ファイル型式変換できるアプリを用意するか..。
そういうのあるのかしら??

JPG!JPG!
http://omaemona.sakura.ne.jp/lib/LifeRuntime/

続きを読む