3つの法則が億を稼ぐ

3つの法則が億を稼ぐー普通のサラリーマンが明日から成功するための速効マニュアル
村上 一男
4924994669
 億を稼ぐにはどうしたらいいでしょうね。
 この本では、その必要があるなら、一生懸命働く事が最低条件として求められます。だから、楽して1億稼げるなんて話が聞きたい人からすれば、全く意味がないんでしょうねえ。でも、一生懸命やっているけど、それじゃあすぐに稼げるの?と聞かれても、この本ではやっぱり否定されちゃいます。
 とにかく目標を立てて、それを実現する為に実行する事。当たり前の事をこなしていけるようにしないと、求める所に逝く事は出来ません、と言う訳ですね。

 さて、この本のタイトルにもなっている3つの条件とは何でしょう。

  • 「やるんだ」と決意する事
  • 「成功したい」と言う気持ちを持ち続ける事
  • 向上心をもって勉強し続ける事

 この事を馬鹿正直にやっていくことが肝心と。
 そして自分の力で決断して、自分の力で努めて、実行していく事。もうこれしかないでしょうね。よく時流に乗ると言う事も必要と来ますけど、流行に飛び乗らない事が強調されています。右へならえも、一時の利益かもしれませんからね。
 そして、つねに狙うはナンバーワンを。ナンバーワンになる為には競争が必要です。その事がにも怖がらずに飛び込む事も必要なんでしょうね。

借金国家から資産を守る方法 ~不動産編~

借金国家から資産を守る方法 ~不動産編~
前田 和彦
4894511983
 以前も紹介した借金国家から資産を守る方法、の続編。前の作品も内容としてかなり飛ばしていた。ここまで日本を徹底的に信用しないという方式はこれはこれで面白い。この本を元に何かをするかどうかと言うのは別問題だが…。

 さて今回は日本の「土地」がネタになってきています。日本の土地と言うシステムは徹底的に崩壊するという、前提で話が進んでいきますね。ちなみに、今土地が欲しいというか家が欲しい団塊ジュニアな私としては興味津々ですね。

 土地の現状はどうなんでしょうか。
 バブル崩壊に至るまでに、日本は土地を神格化していき、社会は土地を持つ事で従業員を徹底的に囲い込んで土地と言うなの高度成長システムを作成してきたと。ところがバブル崩壊でその事例が完全に破綻してしまった。欧米のように適正な価格システムに移行していくだろうと、予想されていきます。この本では日本の帯状の家の配置がイギリス用にぽつんぽつんと配置されていくだろう事を予定しています。 
 だから頃家の需要は減るだろうと。

 でも今現在土地の需要は上がっています。それはなぜだろう? その回答は現在の団塊世代の幻想が現在主要の購入層、団塊ジュニアに影響しているからと。それが一段落すれば、これからは人が減っていく状況です。土地の需要も減っていくだろうと予想していました。
 とすると、今、たくさんのマンションを販売していますが(マンション販売の裏もかかれていましたが)、この需用が一回りして、現在販売中のが3年落ち、5年落ちとなると急に価格を下げてくるでしょうね。となれば、家を買う人からすればおいしいのかも。
 でもこの本ではそれが崩壊するくらいになるから、もし必要なら賃貸で十分と。そうか、賃貸で十分かもしれないなあ…。そう思うと、特に都心に投資としての不動産は危険が大きくてとてもじゃないけど手が出せないという訳だ。
 REITの話題も載っていますし、土地にまつわる事には、どうも手を出さないほうが良いのかな。

 そういえば、この本は最後に国内脱出。そして、海外への生活も検討に入ってきています。でも、その流れに少しトンデモも含まれているのはご愛嬌なんでしょうかね。
 まあ、冷静に読んで、必要な事を吸収して。あとはトンデモな結末にならないように頑張りましょうね。

カウンターゲーム

カウンターゲーム ウィザードブックシリーズ
アンソニー ガレア M ウイリアム パタロンIII世 中村 正人
4939103374
 株の買い方で一番良いのは安い時に買って、高くなったら売る事である。でも、どのタイミングで買うと安い時なのか、またどのタイミングが高い時なのか、この見極めが出来なくて、正直困る事が多い。なんでも簡単じゃないのよね。

 というと事で、そのタイミングを見極める一つの方法として、紹介出来るのが、この本の買い方なのかも。
 ある程度のブランドを形成している企業が不祥事や事故などで、株価が52週の間の最高値より、50%の値になった時に買いに入る。まさに、みんながパニックで嫌がっている株を、おいしいねとして拾ってしまう訳だ。

 この買い方をする為には条件が幾つか。そりゃそうだ。山一みたいに東証一部とは言え、消えてなくなる企業もあるからねえ。

  • 内部の投資家(社長とか)による自社買いや著名な外国投資家が大規模に購入する、しようとしている
  • 4つのうち2つ、ファンダメンタルに適応する事。4つの場合は生き残らない可能性が出る。12倍以下のPER。10倍以下のフリーキャッシュフローを要している。1.0倍以下のPBR。1.0倍以下の株価売上高倍率。
  • そして自己防衛の為に、時価総額1億5000万ドル以上の会社にする
  • そして自分のポートフォリオの10%以下にすること

 うまくいくと安値で買える訳ですな。このまま一時の混乱であると嬉しいのですけどね。それでは売る時はどんなタイミングか。

  • 25%下げたら切る。これは逃げですね
  • 50%の利益を得た時、もしくは3年所持した時には手放す。

 その他ハイテク株はこの買い方に向かないとか細かい事は一杯あるけど、なるほどと思う事は多いですね。
 また、この本は最後の章にしっかり本の内容がまとめられています。忙しい人はそこだけ読んでも参考になりますよ。

仮想経験のデザイン

仮想経験のデザインーインターネット・マーケティングの新地平
石井 淳蔵 水越 康介
4641162646
 インターネットのコミュニティーを中心に解説している一冊。コミュニティーを持続的な形で存続出来るのか。その為にはどんな条件が必要になってくるか。

 ネットの仕事をしていると、周期的にお客さまが、常にページにきてくれる仕掛けを要求される。そうなると、お客さま側で、まず思いつくのがコミュニティーの形成。最近話がよく出てくるのが「mixi.jpみたいなのつくれる?」なんて。でも、その維持にどれだけ大変な事があるのか、わかっているのかしらん。

 さて、そのコミュニティー。失敗するとお客さんがだれも書込まなくて、淋しい状況。うまくいっても、書き込みの内容に問題が出て炎上してしまったり。維持するのが難しいのです。

 この本では、そもそも存在の意義があるコミュニティーとはどんなものか、2つにまとめている。

  1. インターネット上に掲載されたコミュニティー。そこに一つの規律を持って維持し続ける事が出来るか。
  2. 社会に定着出来るか。魅力を保っていけるか。そして、ひとつの経済単位として保ち続ける事が出来るか。

 最近では、コミュニティーは、経済的に収益を上げられる性質を持たそうとアイデアを求められている。コミュニティーは思っている以上に人手がかかる。収益性仮名イト維持出来ないとも言えるのですよ。
 で、その収益性をどこからえるか。その手段は現在4つ

  • 課金モデル。利用する事で費用を頂く。コミュニケーション自体をユーザーの目的とする
  • 場を提供する事で収益を得る。ネットゲームなどの携帯
  • リアル支援型サイト。例えばダイエットのサイトのように実際にやっている人たちを支援する。ユーザーが特定してるので広告費を集めやすい
  • 成果型モデル。コミュニティーの結果が収益に繋がる価格.com[G]のようにコミュニティーの結果でクチコミを呼んだり、@コスメ[G]のようにユーザーの声を集めるテストで収益を得たり。

 以上の形に集約しているようだ。とにかくコミュニティーの維持に手は手間と暇がかかるので、作ってお終いでは、維持は出来ないのですよ。

 コミュニティー自体の未来は色々な方向をとる事が出来るし、当たった時の収益力も影響力も大きい。昨日上場したmixi.jpしかり、韓国のサイワールドしかり。

 この本では成功していると言われている各サイトの収益方法とその傾向が書かれているので、コミュニティーを考える人にとって、企画を考える人には、役に立つ本である。もとは大学の論文なので、読みやすいとは言いづらいけどね。でも、ここまでまとめている本はなかったのでこの仕事をやっている人間には希少です。

肩から背中が故障中

テレビを普通に見ていたら、背中でグキッて感じで..。
寝るといたくて力が入らなくて起きる事も出来ません。弱ったものですよ。

パソコンも肩がこるせいか、正直つらい状況です。
更新、とどこおりますね。まあ、そんな時ものんびり、やっていきましょう。

星栞 2006年下半期の星占い

星栞 2006年下半期の星占い
石井 ゆかり
4344807677
 うちのブログを運営していると、どうして売れているんだろう….と言う本が幾つかある。そのうちの一冊がこの本でした。しかも、一冊じゃなくて、なぜか3冊も。エントリーもしていないのに、不思議と売れています(笑)

 そんな不思議な一冊、わたしも、やっと読んでみました。きれいな写真を大載せにした占いの本でしたね。ちなみに、自分の運勢を見てみると….ふーん、なるほどなあ。

 星占いと言うか、只今真っ最中の2006年下半期。運勢が気になる方は、手に取ってみてみたら、いかかでしょうかね。

小さな会社 生き残りのルール

小さな会社 生き残りのルール
市川 善彦
4860950518
 会社を継続していくと、色んな欲が出てくる。その欲に、欲や名声、体面をはって仕事をすると、結局いい事がない。自分でも仕事をしていてちょっと広い部屋に拡張しようと変ったのはいいが、生かしきれていない。そして、その部屋代が最初に比べて増えているので、固定費が増えてしまう。
 また、人材を増やそうと、大きく増やすと、その人件費が会社の業績に圧迫する。それに反して、営業戦略がうまくいけば、順調に右肩上がりとなるが、うまくいかなければ、やはり固定費が増える。そういった問題が出てくるのですよ。弱った話しだ…。

 とにかく健全な経営をするにはどうしたら良いか。この本は、以前から持っていて、何度も読んでいる。また、改めて読んでみようと再読してみました。
 
 会社の経営で必要なものはいったいなんでしょう。それは、売上ではありません。最終的に手元に残る利益です。要するに残るお金です。売上がどんなに上がってもその経費が、利益より多かったら赤字です。会社は存続不可能なのです。
 この本で強調しているのは、そのお金を残す為に、どうするかと言う事でしょうね。

 それではお金を残すにはどうしたら良いか。社長である人間は、とにかく公私混同をしない。会社のお金は社長のお財布であると言う考えを持っている人もいます。私も最初のころフリーでやっていた頃はそれが当たりまでした。でも、会社化して、ある程度の人数になると、そういう訳にいきません。家族もいるので、お金もかかる。だいぶ袖を振っても、小銭の音しか聞こえませんよ(笑) でも、会社のお金を手にしてのみに絶対に出かけないようにしています。のみ行くときは、何か仕事を終えた打ち上げや理由がないとねえ。

 そして、利益を得る為に、実行あるのみです。ちなみに今まで会社で広告をしてみた事がありません。なので、新しいお客さまとやり取りする事が非常に少ない会社でした。でも、それでは先行きがしぼんでいきそうな雰囲気。この状況を打破する為に、新しく広告や、ニュースレータなども会社で始めてみようと、動き出し始めています。新しい事を始めると言うのはパワーが必要ですけど、つねに会社存続の為に必要な事ですからね。
 
 それでもお金がなくなったらどうするか。もうケチに徹するしかないと。

 会社や商売をやっている人で、ともかく堅実に仕事を続けていきたいと思っている人は、読むと必ずヒントがあると思います。私もこれからも何ども、手に取る本だと思っています。

愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (2) ガルマ編

愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (2) ガルマ編
安彦 良和
4048539639
 そういえば、書いていなかった、愛蔵版第2巻。ガルマ様編。あの「謀ったな!シャア!!」をカラーで見る為に買いました。ええ。コミックも買っていますし、毎月月刊ガンダムAも買っています。それでも買いました。

 多くを語らなくてもいいですよね。辞書のように厚い本ですけども、カラーでまとめてガンダムを見たい方は、是非本棚にどうぞ。

 そういえば、DVD、ガンダム一作目、出るんだよなあ。安彦さんの絵を見たいから欲しい。ああ、ブライトさんの声優去んなくなってしまったんだよなあ。残念。合掌

機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
矢立肇 富野喜幸 古谷徹
B000ETQSKS
機動戦士ガンダムDVD-BOX 2
矢立肇 富野喜幸 古谷徹
B000F9TD5O

愛蔵版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN vol.1 始動編
http://www.sisimaru.com/index.php?itemid=367