気の力

気の力ー場の空気を読む・流れを変える
齋藤 孝
4163692908
明治大学の齊藤先生の新作。
この本でも、子供が大好きな「にほんごであそぼ」のエッセンスが含まれています。子育てに使えそうなキーワードがちりばめられていたので、読んで見ました。

最近、「空気が読めない」と言う人がたびたび話題にでますよね。某辞めた大臣だとか..。
先生の論理だと、最近空気を読めない人が増えてきている。しかし日本の文化と言う物は、相手の空気を読んで行動する文化とも言える。世の中をきちんと渡るには、空気を読むと言う事は大事な事なのだぞ、と。
また、以下のようにも。
「気のセンスのない人が、人の気持ちを動かそうとしても、ほとんどの場合うまくいかない」
「仕事で成功する人の多くは、気のネットワーク作りがうまい」
気はなにげに重要な物です。気のセンスがつきそうな情報を追って行きましょう。

子供の気のセンサーの鍛え方はいったいどうするか。
先生は、「おんぶ」にあると。
おんぶをする事で、背中に感覚をつけて行く。子供同士でおんぶをうまく立っているためには、カラダを離れるとうまく立つ事ができない。しかし、相手に身をゆだねるとしっかりおんぶをする事ができる。
でも、このおんぶ。最近のおかあさんはする人が少なくなってきている気がしますね。私は、おんぶの方が腰が痛くならないので好きなんですけね。

また、ポイントになってくるのは背中。背中で感じると言う事も必要だけど、背中をシャンと伸ばす事で腹に力が入る。声が出る。

気遣いが出来なくなるとなにが困るか。それは、判断や先生な感情までコントロールする事が出来なくなる。感情が雑になると、文化程度も原初的になってしまう。だからこそ、しっかり気のセンスを持つ事は必要だと。

なるほどねえ。子供との対話や姿勢。そこに親はもっと気を使うべきかも知れませんね。
そして腹から声が出る子供に育てましょうかねえ。

テンキーマウスはMacで使えない

秋葉原でおもしろいマウスが幾つか売っていましたので、買ってきてMacで使えるか試してみました。

M-WEURSV
エレコムの「進む」「戻る」のボタン付マウス。わたしが使っているのは、マイクロソフトの5ボタンマウスです。これには「進む」「戻る」がついていて大変便利。同じ機能がついているなら、マイクロソフトのソフトウェアが入っていれば使えるだろうと買って見ました。

結果は惨敗…。
マウスをさした途端、Macのキーボードソフトウェアが立ち上がってしまいます。当然ながら「進む」「戻る」は使えません。この機能はWindowsだけの物なのですね…。

この商品は、Windows使いの方だけにどうぞ。
ELECOM USB接続光学式Web Expert マウス シルバー M-WEURSV
B000A85N6S

Mac使いは、おとなしくマイクロソフト製を買いましょう。
Microsoft INTELLIMOUSE EXPLORER COBALT BASIN B75-00106
B0007Z5YXQ

次にどこのメーカーかわからない、レーザーマウス。
lasermouse
使ってみると、全く問題ありません。ボタン構成が2ボタンにスクロールですからオーソドックスだから、使えると言う事でしょうね。ちなみにポイントの移動は、すごく早いです。安かったので、レーザー初めてつかうけど、どうちがうの? と言う人にはありかもしれませんね。秋葉原で1500円前後で売っていました。

つぎに、今回1番試してみたかった、テンキー付マウス。お値段は1780円でした。
20070731-DSCN0009.jpg
こちらも、さっそくテストして見たところ、まず、マウスとして使えない。マウスのカーソルは一切動かないのです。
そして、またもやキーボードソフトウェアが起動。うーん、弱った物ですね。
ちなみに、テンキーを触ってみた所、ちゃんと数字が入りました。
ということは、Macの場合ではテンキーとしては使う事ができるようです。それだけだったら、この商品あんまり意味はないんですけどね(汗)

ということは、この商品もきっとMacでは使えないだろうなあ…。
SANWA SUPPLY NT-MA1 テンキーマウス
B0007SQ9T6

今回の検証は、大惨敗と言った所でしょうか。
使えなかった商品は諦めてWindows使いの人にさし上げようと思います。

プロ脳のつくり方

プロ脳のつくり方
塩野 誠
4478000964
コンサルタントの思考方法を学ぼう、ということで、基本的な思考法をなぞる事が出来ます。
言われてみれば当たり前なこともあるが、以外に気がつかないそんな情報も多く載っているので、ポイント、ポイントでかいつまんで行くと、けっこう使える事も多いかもしれませんね。

例えば、当たり前だけど、ついやってしまう事。
「Apple to Apple」 リンゴとリンゴを比べよ。定義を一定にして差異をしっかりと見いだす。これこそが数値化やグラフ化するときにも必要になってくるでしょう。
また、ナンバリングや、ラベリングをしっかり行う事。分類を押さえると判別がしっかりできるでしょうから。以上のように、分類をしっかりして、比較を繰り返す事で、「分析」する事ができる。ここから情報を分ける事ができるでしょうね。

また、情報をどうやって判別して行くか。
一つは、極論まで持って行く。極論まで行くと、方向的にどうなるか、極端な結果だけは理解できる。そうならないように、一定の防御策を持つ事もできるし。

そのような分析ができ上がってくると、もう一つ新たな力が出きる。それは、「交渉」。
厳しい条件を押さえて新たな調整が必要になってきます。
交渉をよくするためには、どうすれば良いでしょう。 まずは、小さなコンセンサスをたくさん作る。そうすると、相手はわかってくれると言う状況ができるようです。交渉に必要なのは、小さな信頼を積み上げて行く事を忘れないように。
また最後はよく言われる「三方よし[G]」と言う奴が1番良いと。来れは話の展開で持って行きようがあるかもしれませんね。

営業の赤本

営業の赤本 売り続けるための12.5原則
ジェフリー・ギトマー 月沢 李歌子 川井 かおる
4822245470
本の表紙も赤いけど、本の中身もポイントを赤くして、まさに赤本(笑)。

さあ、それでは営業で結果を出して行くために、どんどん進んで行こうではありませんか。
まずはともかく「自分のケツを叩け!」
そのためには、下を向いているヒマはない。ポジティブなイメージを持って、相手の得意先の人たちの意見を聞き、プレゼンテーションを準備する。もしスランプならば、やり方を変えてみよう。自分の中でできる事は見つかるはずだ。
また、動向営業も重要な事。営業成績がいい人や、他の人がどんな営業をしているか知ることができるだけでも、新しい展開は生まれるかもしれない。

また、自分自身に投資する事を忘れる事なく。自分自身にブランドを設けて、より多い付加価値をつけて行こう。どんな小さな分野の1番でも良いし、エキスパート共言える実績をコツコツ上げて行くのも良い。そういう意味ではブログって、使えると思うよ。

また、とにかく会う人に何か価値を与えられる人間になる事。
それは、その人だけにしか持っていないような情報を提供できる事も重要だと思う。また、相手の困る事、知りたい事を知っている知恵袋的な役割を演じられるようになっても役に立つでしょう。

ネットワーク作りも重要。ネットワークを作るのも大切だけどその後に維持する事も忘れずに。そこを忘れる人も多いからね。

そんな事前準備ができたらついに営業開始だ。
相手の結果に近づくような質問を用意し、お客さんに問いただすのだ。
質問事例も載っているので参考になるよ。その質問の仕方で、効果が変る。なるほどねえ。

この本はおもしろいです。営業する人なら、一読する価値はありますよ。難しくない語り口で明快に切って行きます。

あなたの会社にお金があふれる 金のたまごを生むがちょうの増やし方

あなたの会社にお金があふれる 金のたまごを生むがちょうの増やし方
村松 達夫
4902089173
金のガチョウですよ。金を生むガチョウを増やす事が出来れば、その分たくさんの金のたまごを得る事が出来ますよね。それではどういった事をすれば、金のたまごを産むガチョウが増えるでしょうね。

この本は、そんな感じで、絵本のような仮面をしていますが、しっかりとした経営書です。
あくまで、会社の利益を多く得るためにはどうした方法があるのか、と言う事をついてきていますので、企業の経営者に分かりやすく理解する利益獲得法の本と言えるでしょうね。

それでは、利益を増やす方法はいったいどういう事でしょう。
単純に言えば、「客単価を増やす事」と「客数」を増やす事が1番の方法となります。
そのために、その方法をいくつも細分化して、各項目を4つづつ。合計8つの方法を紹介しています。その内容を更に細かく、48種類も例を上げています。

客単価をふえるためには、単純に言えば、「値上げ」するか、商品を「高額商品にシフト」すると二つありますね。また、購買個数を増やすには、「まとめ売り」と、「セット販売」と言う方法が上げられます。

と言うような事をうまく誘導する、顧客の動向を変えて行くと言う事を行って行きましょう。実際にどういう事ができるかはこの本に載っているので、会社の利益率を上げる、回転を増やすと言う事のマメ本になると思います。

親子でおぼえる水泳教室

親子でおぼえる水泳教室
堀内 善輝 高畑 好秀
4890822690
わが家はついに、下の子がプールデビューです。
家の近くのプールに、お姉ちゃん共々一緒になってプールに出かけてきました。
お姉ちゃんは昨年、プールにデビューしているので、要領をちょっと得ていますから、水の中でも走り回っています。でも、下の子はもうすぐ3歳ですんで、まだまだ小さい。1番浅いプールでも立つ事が出来ずに、しがみついてしていました。結局コアラ状態(笑) それでも、プール楽しかったと言ってくれましたね。

お姉ちゃんとは昨年、プールに通ったんですけど、まだまだ潜る事が出来ません。まあ、4歳だからねえ。そこまで要求しなくてもいいかなあと思っているんですけど、少しづつでもなれてくれればと。
今年はちょっとでも自分で動けるように、アームリングを買ってあげました。区民プールだと浮輪が使えませんので、子供が浮いているためには、アームリングはあると非常に便利だなあと。
そうおもって、下の子用にも買ってあげましたよ。今度は二人揃ってぷかぷか浮いてもらおうと考えています。
アームリング Yes!プリキュア5
B000MGB1KA

そんわけで、何とか潜ってもうことができるよう、何かいい本ないかなあと、見ていたら出て来たのがこの本。最初に水とのつき合い方から書いてあります。
どちらかと言えば、ある程度もぐれちゃえば泳げるようになるのは、何とかなるかと。その前に水の恐怖心をどこまでなくしてあげられるかと言うのが、個人的な課題と思っていますけどね。

とにかくこの本にあるように、口まで水に入れて、ぶくぶくはできるようになりました。その次の顔を水に浸けられるように「あ〜」と言いながら潜ると言う事試してみようと思います。
また、この本では、泳げるまでのページを多く割いているので、この手のこと研究するにはよい本ですよ。こども達には、この夏はがんばって潜れるようになって欲しいなあ。

やっぱり夏はプールです。子供と一緒に楽しむ事が1番かなあと思っていますけどね。

家の暗号

家の暗号ーあなたの成功は住まいで決まる
樹門 幸宰
4344011201

家の中の間取りには、自分自身の人生の縮図が描かれている。
ほんまかいな?!

ということで、以前紹介した「姓名の暗号」と同じような理論で書かれている。

相の見方だが、家の欠けと飛び出ている所を元に人生の向上点と下落点を見る事ができるそうだ。例えば、玄関辺りに欠けがあると人生の最初に苦労が多く、その分張りでている部分には興隆が起こるそうだ。
なので、どういう家に住むかにもよるが、ましかくの家になるほど、特に盛り上がりも問題も起きずに安定した人生を過ごせると言えるかもしれません。
でも、自分の人生がどうなるか。家を通して知ることができれば、ある程度の覚悟をする事ができるかもしれません。
まあ、占いですからね。あくまでも人生の一助になるとおもって。

ちなみに避けたい問題は引っ越せば解消できるとも書いてありますよ。

イヤでも売れる露出力

イヤでも売れる露出力
曽和 裕次
4777106896
デジタルハリウッドでお世話になった、曽和さんが本を出版したそうです。
個人的には「えーー!!」と言う感もしながら、曽和さんなら売り込むときに、役に立ちそうな情報を書いてくれるだろうと思っていました。

個人的な思い出で言えば、DHで働いていた頃に大阪弁むき出しで、無料体験セミナーなんかでガンガン先頭に立って講座の紹介やお客さんの対応していた事を思い出しますね。
でも、広報と違う部署でしたので、マーケティングの事、どこまでやっていたかは知りませんでした。
この本を読んでいると、「え、こんなことまでしていたの」と改めて驚きました。
案外、隣に座っている人のすごい所に気がつかない物ですよね(汗)

とにかく売るため、知ってもらうためにする事は何でしょうね。
それは自分から、こう言う事ができると露出することが重要になってきます。
「露出する事で、消費者はほしい情報を知ることができ、会社も欲しい消費者(顧客)を掴む事ができる」
確かに知ってもらえない限りは、お客さまもどんなことを頼んでいいか、わからない物です。こんなことができるよと、アピールする事は非常に重要な事なんですよ。

それでは何をアピールし始めます?
以外に忘れがちなのは、自分の会社のHP.また、自分のHP。ちょっと紹介できるよう、私なんかもシールを作っています。必要なときは名刺に貼ったり。いつ紹介できるかわからないですからね。
また、お客さまに知って欲しいネタはどこに転がっているでしょうか?以外に社内に転がっています。自分がふと思う事、会社の中で起こった出来事。その事がが別の会社にとってはヒントになるときもありますからね。

露出の大切さと、その方法。けっこう載っています。たとえば、プレスリリースのかき方だって載っています。
つかえるURLもいくつも載っていますからね。
「広報やマーケティング、どうしたら良いのだろう」と悩むなら、一読する価値ありますよ。

だから御社のWebは二度と読む気がしない

だから御社のWebは二度と読む気がしない お得意様を獲得する驚異のWebライティングメソッド
戸田 覚
4797342412
挑発的なマイナスキーワードは、ある意味マーケティングの必要要件になっていますが、なかなか挑戦的なタイトルの一冊ですね。

この本では、「文章」と言う切り口から、ウェブサイトを作るときに必要な要件はいったい何か、また、作成するための構成要素を、どういった内容が必要か、と言う事をしっかり押さえながら書かれています。

例えば作成の際にコンテンツで気をつける事として、以下の点を上げています。

  • ビギナーの行先をどこか明確にする
  • 求められる情報は全て記載する
  • 文字数制限にはこだわらない
  • 意味のないイメージ写真はいらない。それなら図を入れる

また、自分の会社を新ためて、再認識させる必要が出てくるでしょう。そこでは、改めて、自分の会社他の会社に比べて、違いを出す必要が出て来ます。
どんなことに気をつけているのか。
こだわっているのはどこか。
製作の工程での気をつけている事は。
と言った事をうまく載せて、改めてアピールできるように調整して行く事は重要ですからね。あくまでも、WEBはセールスマンです。良いセールスをするにはどうしたら良いか、と言う事を認識して作成して行く必要がありますからね。

後は客観的なデータがあれば完璧。そんな感じで文章こそホームページでは工夫を入れて行きましょう。

成長するティップス先生

成長するティップス先生ー授業デザインのための秘訣集
池田 輝政 戸田山 和久 近田 政博
4472302578
 大学の授業を受け持っています。
 今年も前半の授業が終わって成績もつけ終わり、ほっとしたところなんですけどね。
 大学の先生って、他の学校と違って、特に資格なく、経歴などで先生になる事が出来ます。なので、初めて授業を持つ事もあるのですけれど、最初はどうやって授業内容を組み立ててれば良いか、非常に迷うものです。
 そんな大学の先生向けに授業の組み立て方から、気をつける事などを書いた本ってあるのかなあと思っていました。そこで見つけたのがこの一冊。

 最初にティップス先生の苦労しながら授業をつくっている模様が。授業の準備をしているところから、印刷をしているトコまで。
 それから、実際に授業をやってみて、ディスカッションをやってみようかなあとやってみると話しがちっとも盛り上がらない、また講義内容を話していれば私語もあるし、寝ている奴も。
 ああ、先生をやっていれば誰でも経験ある事ですよ。

 そんな一つ一つの事例に、その対応策としてどんなことを心がけるかが、後半にまとめて書かれていきます。
 
 例えば、講義の内容を講義ノートにまとめたからと言って、それが全て出来るとは限らない。授業内容を雪だるま式に増やすのではなくて、厳選していく。捨てていく。この作業が大事。ああ、この言葉は身にしみますよ。

 一番問題になる課題の対応も、出来るだけ早く対応する。課題の解答を配るなど、なるほどな対応もいくつもありました。ああ、そうすれば良かったと思う事も。

 この本は大学の先生だけでなくてセミナー講師をされている方も、参考になると思います。
 「先生」をやっているなら、アッと思う事ありますよ。