ドリルを売るには穴を売れ

ドリルを売るには穴を売れ
佐藤 義典
4413036239
 この本は凄い本ですよ。マーケティングのツールに関しては知っている。例えば商品の4Pに関して。そして、顧客のベネフィットに関して。ところがその知っているはずのマーケティングの基本知識を実際にプレゼンテーションで使い所はわかっているだろうか?
 この答えに自信を持ってイエスと答えられる人は少ないと思う。

 この本ではイタリアンレストランを建て直すと言う過程を通して、マーケティングの基本的な知識を、実際にどう営業面や顧客の情報について対応していくかというのが、しっかりと筋道立てて書かれている。おかげで、「このツールはこう使うのか」という場面にガッテンいく。

 そして、各章に入る前にしっかりマーケティングの事例解説が入っている。たとえば収益もでるに関しては、東京ディズニーランドを例に上げて、どういう顧客層に、どういうマーケティング戦略で、どうやって収入を得ているのか、佐藤さん流にしっかり解説が加えられている。東京ディズニーランドでは、実際のチケット購入の収益は44%でしかない。それでは何で儲けているのか。それはお土産だったり、飲食であったりする訳だ。チケットはその呼び水としての役割を持っているという事らしいのですよ。
 この解説は、ディズニーランド好きにも、なるほどと思えるような見事な解説なので、そこだけでもよんで欲しい。

 そして、この本のもう一つの柱。イタリアンレストラン再生の話では、きっとコンサルティングをしている人の仕事の模様がうかがえてきて感心する。どのように商材をみて、顧客の反応をどう仕事の展開に落としていくか。その模様は本当に役に立つと思う。
 個人的には手軽軸、商品軸、密着軸の話はかなり勉強になると思いますよ。

 佐藤さんのセミナーを受けてきているので、その解説には、より自分自身に納得させられる事が多かった。本当に仕事に使えるマーケティングの本て、そうめったにない。机上の空論で終わる本も多い。だから、マーケティングに興味があるならきっと役に立つに違いないと思いますよ。

 そして、前作も仕事に非常に使えます。自分の仕事でお客さまが入ってくる時にどこでつかえているのか、検証する時にも使える本ですからね。
図解 実戦マーケティング戦略
佐藤 義典
4820716506

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です