ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ

ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ
アンドリュー・J. サター ユキコ サター Andrew J. Sutter
4757303637
 以前読んだ「ユダヤ人の頭のなか」では、残念ながらユダヤ人だけに伝わる特別な秘宝もなければ呪いもないという、MMR[G]マニアだったら、がっかりするような事が書かれた訳ですが(笑)、それでも、ユダヤ人が世界的にも良い成績を取っている家庭が多い事は事実です。今回は教育という事で、そのような家庭はどんな家庭なのか、という視点で本は綴られて行きます。

 まず傾向として多いのは、本棚をしっかり作る事。そして本棚にはぎっしりと大人が読みたい本も用意すれば、子供も興味持ちそうな本もしっかり入れる事。とにかく読書をする習慣を持たせる事が重要という事です。
 どんな本が重要かと言えば、百科事典や地図の本、辞典と行ったように、ちょっと気が向けば引いて読める一冊は必要ですな。そういえば昔自分も、百科事典を開いて読んでいたなあと。最近のは子供向けにもパソコンの百科事典もありますが、ちょこっと引いてみるかという気にはならないでしょう。やはり子供向けに本の百科事典は合った方がよいのでしょうね。
きっずジャポニカ
江崎 玲於奈 陰山 英男 荒俣 宏
4092195117
考える力がつく子ども地図帳 〈日本〉
深谷 圭助
4794214758
 著者の本棚を見ていると、かなり本がごっそり蓄えられています。正直すごくうらやましいですけどね…。本置く所の為にも郊外の広い所に引っ越したいんですけど。

 本の内容に戻ると、とにかく親の勝手を押し付けない。期待で潰さない。こどもの好きな事をやらせる事というのが重要なようです。その為には自分から遊ばせる、体験させるという事を親が提供する必要もありますね。

 何より肝心なのは、親ばかに子供達を褒めて育てる事。その事が一番の肝心なのかなあとも思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です