コピーバイブル

コピーバイブル
宣伝会議コピーライター養成講座
4883350363
 コピーライターの仕事ってどういうものだろう。
 この本では、様々なコピーライターの仕事の状況、仕事のやり方そう言ったものが載っている。

 広告の仕事は、一番に思いつくのは、新聞や雑誌と言ったメディアかな。そう言ったものも載っているし、興味深いのは、ラジオやテレビも載っている。個人的にはラジオの低価格で、しかも絵がない音だけの広告の大変さが、妙に伝わってきた。ラジオの広告、確かに聞いていて、音やコピーに工夫があって面白いからねえ。

 コピーには、当然ながら商品の広告文、というめんもありますけど、商品名というのにも関わってくる。
 商品の名前が良ければコピーを作るのも簡単になるみたい。

  • 簡潔である事
  • 視覚的である事
  • 音がいいこと
  • 類似性がない事

 そう言った音があると、商品としてより魅力的になるのかと思う。

 そして、コピーのポイント。

  • 説明文ではない
  • 文のはじめは「つかみ」。第二のキャッチフレーズだし
  • 約束は具体的に
  • 最終的には文体に

 コピーの仕事は、結構フリーランスの方が多いみたい。それだけに職人芸的なものがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です