何でも見つかる 検索の極意

何でも見つかる 検索の極意
笠井 登志男
4774126101
検索の秘けつってなんでしょうね。
今までにも検索会議に参加していますので、ポイントはほぼそこに乗っていました。ですので検索のポイントはそこを読んで下さい。

検索会議に行ってきたよ
http://www.sisimaru.com/index.php?itemid=168

検索会議2005にいってきたよ
http://www.sisimaru.com/index.php?itemid=513

非検索会議
http://www.sisimaru.com/index.php?itemid=916

特にYahoo!やGoogleのテクニックは、「検索会議に行ってきたよ」にあることと、AND検索、そして、いらない用語を「-キーワード」で書くマイナス検索をうまく使うこと。
あとは類義語の辞書を使って用語を探すことがけっこう効果的なようだ。

 あとソフトウェアの情報だと、現バージョンの物より過去のバージョンの方が情報が多くあるので、そこも合わせて探すと良いようですね。

 あとは用途に合わせて検索エンジンを替えておくというのもあるでしょう。
サイトの利用状況が見たければ、alexa.comでしょうね。
http://www.alexa.com/

商品の評判が知りたければ、Googleで記事を探すよりテクノラティーでブログの評判を見ると言う手もあります。私は欲しい商品があると、それで使っている人の書込をみたりしていますよ。
http://www.technorati.jp/

うろ覚えの内容だと、サムネールのあるサイトも便利。そんなときはマーズフラッグを使います。
http://www.marsflag.com/

話題のキーワードだったらkizasiも面白いですね。
http://kizasi.jp/

とにかくあらゆる手段で調べたいなら、ケンタツというサイトもありますね。
http://www.kentatu.com/

ページランクがどのくらいか調べることができるサイトもあるようです。
http://www.pagesupli.com/

最近は検索も色々。検索方法も、色々あります。それに合わせてサイトを使い分けると言うことで良い気がしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です