当たり前だけどわかっていない経営の教科書

当たり前だけどわかっていない経営の教科書

経営の教科書

この本の驚きは前書きを読んだ時に表れた。その記述は、こんな感じ。

 『良い経営者ほど狂っている』

そして

 『狂うことの大切さである。
 狂う事がリーダーの条件だとも言える。
 狂う能力を養う事がリーダーの条件とも言える』

ここまで狂う、熱狂的に行動することを肯定的に書いた本って珍しい。この熱を持って、一気に読んでみた。

「行動的」な経営者の役割を書いたこの本。
現状にどこまで我慢せずにつき進められるか、そのバイタリティーはどこから?、そして、経営者の必要なスキルってなんだろう。
いままで、ありそうだった、この謎。そういえば、語られている本って、見た事なかった。これが、熱い調子で書かれている。それだけでも、貴重な本。もっと早く読んでおけば良かった、そんな感想を。

”人”の所は、まだまだ雇用って、知り合いから、いい人を紹介それしかしていなかったので、初耳な事も多かった。当然、解雇のやり方も。経営者になると、そうせざる得ないタイミングもあるからなあ。

とにかく、経営者、そして、それを目指す人は、一度読んでみる価値のある一冊でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です