そろそろ、本気でお金持ちになってみませんか

そろそろ、本気でお金持ちになってみませんか

ハムスターの輪

さて、最新刊のこの本ですが、ちょっと「金持ち父さん」影響されたかなと言うところがありましたね。
というのは、まず、お金持ちになるためには、サラリーマン、自営業者という枠ではなく、「スペシャリスト」、「企業家」、「投資家」を目指しましょうとか、世の中の富は、先程あげた後半3つがほとんどを占めていると言った話。

でも、ここで終わらないのが、彼の本。
というのは、この本では、「サラリーマン」の人にとって、非常に役立ちそうな内容がいっぱい書かれています。
たとえば、「給料の上げ方」 そこまで、露骨に書かなくてもって感じで読んでみましたが…。

すこし系統が変わった感じがする本。でも、サラリーマンでもお金持ちの道があるんですよ、そんなスタンスで書かれている気がします。
より、会社にかまわずに、自分を教育し仕事をして行くこと。これが一番大事。そして、だれからも認められるスペシャリストになる。ここがみそのようです。

ちょっと雰囲気が変わっているなあと思ったのは、例えば、仕事がない人はどうやって仕事を得るか。そんなことにも触れています。確かにここに書かれているように、おいしい仕事、楽しい仕事ができる機会って、求人広告誌に書かれると言うことはないですね。本当にやりたいことがあれば、こっちから乗り込んでいく、そのくらいの覚悟が必要かもしれません。

というわけで、3冊全て読み切りました。面白かったです。ぜひ人生の示唆に富む本でしたので、ご覧になる価値あると思いました。ちなみに、私は、「犬」はお金持ちに興味ある人に貸してみています。評判良いですね。「お金から」は自分で何度も読んでみようと思っていますわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です