RSSマーケティング・ガイド

RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス
塚田耕司 滝日伴則 田中 弦
484432215X

このブログにも付いているが、RSSのシステムでブログなどの更新情報をつかむ事が出来る。新しい記事が上がったか、そのサイトに行かなくても、更新されれば情報を見る事が出来るので、非常に便利。

この機能は最初ブログにだけ、ついていたものだが、最近はYahoo!オークションにも、天気のサイトにもニュースサイトにも付いている。自分の興味ある一覧をRSSリーダーにセットしておき、いつでも最新情報をそのサイトに行く事なく、閲覧出来るから、便利な限りだ。

 ところで、このRSS。リーダを使っている人が、たくさん使っている。このブログでもアクセス率の上位には、Rssだけを見に来る人が多くらいですからね。
 そのRssに広告を付けちゃいましょうと言う会社も出てきてもおかしくないでしょう。そこに目をつけた人の本です。

 広告の手法としては、フィードする情報の中に広告を入れるもの。
そして、もう一つが、RSSリーダーの中に広告を表示させるもの。

 フィードの中入れられれば環境に関係なく表示される点がメリット。これはGoogleアドワーズのように表示内容に応じて広告が変わる形式がとられているようだ。
 また、凄いものだと広告だけをRSSフィードに含ませちゃう事もあるようだ。この場合は誰が見るのか、ちょっと疑問だけどね。

 リーダーの中に埋込む場合ならば、ブラウザやソフトでもそう言った類いのものがあるので、想像しやすい。どちらかと言えば、配布元の力があるのならば、こちらの方が効果的な気はするんですけどね。

 でもどちらにしても、凄い効果を上げていると言う話は聞いていません。実際のところ何社も広告参入しているが、それほど売上が上がっているかはまだ疑問も多いと思うけど、この当たりの事情はちょっとわからなかったなあ。

 ただし、ブログの口コミマーケティング事態は非常に効果は上がっています。これは今までにもいくつも効果があった、反応が大きかった。という話はいくつも上がっていますね。
 その付随する機能がどれだけ効果的かと言うのはまた別問題とも言えますけどね。実際のところその事情が書かれた記事があれば読んでみたいと思いますけど。どうなんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です