なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学

なぜこの店で買ってしまうのか

why we buy

 つい買うはずがなかったのに、買ってしまうものってあると思う。なぜ、買うはずなかった、こんなもの買っちゃったんだろう。実は、そこにはお客さんにお金を払わせる、そんな科学があるらしい。そのお店にお金を払わせる科学を鉄笛的にまとめた本が、この本ということだ。
 
 お客さんにお金を払わせるには、さまざまな条件があるらしい。例えば、お客さんの滞在時間を伸ばす。滞在事件が伸びれば購入金額が増える。お店に来る客を購入者に変換していく。お店に来る客は全て買い物客ではない。だいたい、買っていく人間は48%という、なんとも現実的な数字を出していた。

購入者に変えていくには、変えていく為の”道”を用意しないといけないし、たくさん買ってもらえる為にカゴの存在が重要だ。
 うーん、読めば読むほど納得させられる情報がたくさん載っている。ちなみにこの本は前半、読みづらいけど、そこを過ぎれば宝が埋まっている。「お店」を実際に運営している人は、一度読む価値がある。

興味深いことに、この本の著者は、お店としてのHPの働きもしっかりかかれている。これは書いちゃえ。

インターネットショップに訪れる5つの理由
・すぐに買えること
・暇つぶしに商品を物色できること
・検索できること
・購入する前に情報を集め、スペックや製品に関する批判も閲覧できること
・購入も物色もしないが、既に購入している製品について質問したり苦情を述べることができる企業と接触できる

うーーん、お店の科学は深いなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です