ウェブユーザビリティの法則 改訂第2版

ウェブユーザビリティの法則 改訂第2版
スティーブ・クルーグ 中野 恵美子
4797339098
アメリカのウェブ関係の本では、つねに上位に入っている。そんな一冊を読まない訳に行かないので、手に入れて読んで見ました。
ウェブを使ってもらう事を想定して書かれていますので、分かりやすく作るためのノウハウがしっかり書かれています。この手の本では、ピカイチの内容です。

見せかたをどうしたら良いか。
ちょっとした色の濃度の違い、配色の考え方、以上のちょっとした気遣いで、ユーザー側がかなり迷わずに済みます。まずは濃淡だけでもしっかり設計しましょう。
あとは、ボタンの位置。ボタンはボタンらしく押せる事が重要になってきます。そう言った細かい配慮が重要ですよね。

また、最近のページはいきなりtopにくるとは限りません。だから、このサイトはいったい何ナノか。サイトIDが非常に重要。フレームを使うと見えなくなるので、だからこそフレームは使っては行けないと。

見やすい図とメリハリと。タブなんかは使いやすいですよね。そんな工夫を加えならが良いページ作りを改めて考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です