1枚のお礼状で利益を3倍にする方法

1枚のお礼状で利益を3倍にする方法ーお礼状の皮をかぶった“営業状”
朝日 心月
4478540756
現在会社では、手紙形式で毎月どんな仕事をしてきたが、どんな仕事ができるかと言った内容を中心に、お手紙通信を毎月配信しています。気づく事は、今まで長年取引している会社にも、思った以上に自分の会社が知られていないと言う事です。そして、手紙形式で渡す事で、相手にとっても簡単に見る事が出来ます。また、手紙のいい所は、紹介が簡単とも言える事。

「そこの会社はどんな会社?」
「こんな会社」っと言って、きた手紙を見せれば良い。

と言う感じで、手紙と言うのは、思った以上にかける事も多いし、伝える事もできる物。また、その手紙を集めて、会社の資料にもなります。やっぱりコツコツ増えて行く物は、効果抜群です。

さて、この本ではその手紙作戦。その応用とも言える方法がいくつも載っています。よくある最初に出会ったときに忘れないように、手紙を送る。私ももらった事がありますが、はじめてもらって人の事をいまだに忘れていない物ですよ。
また、手書きの効果と言うのは、抜群とも言えますよね。でも、私も字が下手なんです。そんな人向けに、文章を手紙書いた風にするために、25%位の濃さで印刷して、その上を筆ペンで上書きと言う、笑える、というか、コロンブスのたまご的な知恵も載っていましたね。

実際に送るときに、参考になる文例集も多くありますので、営業で一歩先に行きたい。電話は嫌いだから何か別の方法でコンタクトをとり続けたい、と思うなら、この本を読んで改めて手紙の力を知ると言うのも良い物ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です