自転車で痩せた人

自転車で痩せた人
高千穂 遙
414088178X
最近雨の日が続いていますね。おかげで自転車に乗れなくてイライラしてきますよw。

私も自転車通勤を始めてから、乗っている時間が楽しくて性がない。でも、自転車通勤の距離とすれば、片道6キロほどなので、「自転車ツーキニスト」に言わせれば、まだまだなんだろうなあ。
この本によると、ロードバイクに乗っている強者になると、片道30キロの距離をぐんぐん自転車で通勤している人もいるらしい。現在片道25キロの距離を自転車通勤、検討、でもたぶん断念の私からすれば、そのくらいの通勤も現実的とはちょっといえないなあ。足を鍛えれば現実化するかも

ちなみに、この著者は、自転車通勤を始めてからミルミル痩せていったらしい。うらやましい話だよ。
何でも80キロ以上会った体重が今では60キロに。体脂肪率が10%代と言う事だ。私も何とか25%の標準まで落としたいと思っているが、脂肪が頑強にへばりついていてなかなか痩せない。やっぱり痩せる秘けつは航続距離をのばす事か(笑)

やっぱり楽しい自転車乗りの秘けつは、よい自転車を手に入れる事だと思う。1万円で売っているママチャリはさっさと捨てよう。
私もちょっと良い自転車に乗り始めてから、認識が変わった。

変速は7段くらいないと思ったより坂道で苦労する。また、ママチャリは車体が重い。その為にスピードが出ないので爽快感が半減してしまう。やっぱり軽めの自転車でかっ飛ばすととても楽しい。それには、個人的な考えからいけば4〜5万位を用意すれば、それなりに良い自転車が手に入ると思う。

まあ、ロードに凝ると20万、30万余裕で超えるんですけどねw

最初に買う自転車どんなものが良いだろう。
著者は最初にクロスバイク[G]を買ったようだ。私もクロスバイクに乗っているが25キロ以上車道を走れば余裕ででる。頑張れば30キロ。結構爽快感が違います。
著者は、そこから味をしめて、本格的なロードバイク[G]に移っていった。良いロードバイクだと40キロ以上スピードが出るみたいだからね。

選択肢だと、MTBと言う手もある。
でも最近出回っているのは、ほとんど、なんちゃってMTBだ。実際に悪路を走るとフレームが曲がると言うのもあるらしい。本当にガンガン悪路を走るMTBだと、頑丈にできている。丈夫だから体重が100キロだって行けるかもよ(笑) そしたらタイヤを悪路用から町を走るスリックタイヤに変える事が紹介されていた。なるほど、悪路用だと街では走りづらいが、スリックにすれば軽快に走れると言う訳だ。

自転車にまつわる商品にも言及されていた。
例えばヘルメット。やっぱりスピードを出すなら絶対に必須と。これは買わないといけないなあ。それから、専用スーツは、着てみると、なるほどと思うところがあるみたい。ロードレーサーならなおさらかもしれない。

またいっぱしの自転車乗りになるためには、整備も自分でできるようにならなきゃいけない。これはこれから自分も勉強しないとね。

当然守らなければいけない法令もあるが、しっかり守って楽しく自転車に乗りたい。楽しい自転車乗りはやめられないですからね。
個人的にはもうちょっと良い自転車にも乗ってみたいけど、しばらくは、最近乗り換えたbianchi[G]の自転車を駆使して私も楽しもうと思いますよ。

今の目標は、とにかく自転車に乗る距離を伸ばしてみる事でしょうね。
目指せ1日で25キロ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です