Web3.0への会議

Web3.0への会議
サティー・ポッター アイボーイ
4777105695
WEBを使っている人たちが今どんなことを考えているんだろう、と言う視点で書かれているのが前半。
例えば、ブログで猛烈なアクセスを誇るしょこたん[G]に始まって携帯小説を書いている作者や東京で参議院に立候補している神田さんなんかにもインタヴューをとっていますね。

皆に共通しているのは、新しいメディアに対して希望的な感を持っているようだし、それ以上に楽しんでやっているような気がしますね。楽しんでいるからこそ人に奨められるのでしょうね。

それでは、サービスを提供する側はどうでしょうか。
こちらも、ユーザーの動向を、楽しんで見ている気配がありますね。
SNSサイトを構築している会社も、ユーザーのニーズに合わせて、地域型を作ってみたり、携帯専用のSNSを作る会社も。
ニーズはどこにあるかわからないので、色んな企業がビジネスチャンスをWEB2.0メディアに持っているのが、わかりますね。

この本にある3.0はどこにあるのでしょうか。
それは、インターネットで終わりでないと言う事でしょう。インターネットからリアルへ。実際につながって行く、リアルにメディアに出て行く。そういう可能性がある。そこが3.0たる所なんでしょうねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です