営業の赤本

営業の赤本 売り続けるための12.5原則
ジェフリー・ギトマー 月沢 李歌子 川井 かおる
4822245470
本の表紙も赤いけど、本の中身もポイントを赤くして、まさに赤本(笑)。

さあ、それでは営業で結果を出して行くために、どんどん進んで行こうではありませんか。
まずはともかく「自分のケツを叩け!」
そのためには、下を向いているヒマはない。ポジティブなイメージを持って、相手の得意先の人たちの意見を聞き、プレゼンテーションを準備する。もしスランプならば、やり方を変えてみよう。自分の中でできる事は見つかるはずだ。
また、動向営業も重要な事。営業成績がいい人や、他の人がどんな営業をしているか知ることができるだけでも、新しい展開は生まれるかもしれない。

また、自分自身に投資する事を忘れる事なく。自分自身にブランドを設けて、より多い付加価値をつけて行こう。どんな小さな分野の1番でも良いし、エキスパート共言える実績をコツコツ上げて行くのも良い。そういう意味ではブログって、使えると思うよ。

また、とにかく会う人に何か価値を与えられる人間になる事。
それは、その人だけにしか持っていないような情報を提供できる事も重要だと思う。また、相手の困る事、知りたい事を知っている知恵袋的な役割を演じられるようになっても役に立つでしょう。

ネットワーク作りも重要。ネットワークを作るのも大切だけどその後に維持する事も忘れずに。そこを忘れる人も多いからね。

そんな事前準備ができたらついに営業開始だ。
相手の結果に近づくような質問を用意し、お客さんに問いただすのだ。
質問事例も載っているので参考になるよ。その質問の仕方で、効果が変る。なるほどねえ。

この本はおもしろいです。営業する人なら、一読する価値はありますよ。難しくない語り口で明快に切って行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です