自転車生活の愉しみ

自転車生活の愉しみ
疋田 智
4022615303
疋田さんの自転車本、ついに文庫化。
まだ読んでいなかったので良い機会と一気に読んでしまいました。

前半は、まずママチャリを快適に乗る方法から。それは何をするのが1番か。何と言ってもサドルをあげる事です。座る所を高くして、足が伸びた所にペダルが来るようにすると、スイスイ進む気がします。
そんなちょっとした違いで自転車の快適さは変る物です。最初は怖いなんて言う人もいますが、全然快適ですからお試し下さいな。

せっかくだから、良い自転車乗ってみようよ。
そんな自転車選ぶ方法も乗っています。オイラもこれを見てから自転車買っても良かったかもね(笑)

例えば自転車のハンドルがバーハンドルかドロップハンドルかで全然快適さが違ってきますからね。ちなみに、私はバーハンドルばかり。コン本ではドロップハンドルの使い方、掴み方が写真付きで掲載しています。どうも、マッチョなイメージはありますが、姿勢としては、漕ぎやすい良いスタイルみたいですよ。オイラも機会があれば、ドロップハンドルの自転車乗ってみたいんだけどねえ。

そしてこの本のもう一つの目玉は自転車世界事情。
国が変れば事情が変る。ドイツの事情は、すごいですね。たしかにベンツの国ではありますが、都市によっては車がほとんど入れずに自転車だけの街もある。この本ではミュンスター市が紹介されていましたね。この都市の徹底ぶりには、自転車乗りとしては、うらやましいなあと。
車が入れない部分を用意してきっちり自転車が走る道を組み上げている。この走りやすさは東京の町を走っている人間からするとうらやましいなあ。
ドイツの人たちは街は自転車、街から街への移動は自動車と使い分けが、かなりしっかりしている。東京の町ももっと車が入らなくすればいいのになあと思っちゃったりして。

ともあれ、自転車好きな人には、たまらない本だし、自転車興味ある人には、やっぱり高い自転車買っちゃおうと決意させる強烈な内容ではあります。おいらも影響された一人でもあるんですけどね。

そういえば、疋田さんの本、最新刊が発売されています。こっちも読みたい。
それでも自転車に乗り続ける7つの理由
疋田 智
4022579951

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です