ワルが教える不動産投資マニュアル

ワルが教える不動産投資マニュアルー建前抜き。本音で語る土地儲け学
風間 俊二
4827202699
ドルフさんの不動産投資の本は、まさに不動産投資の「夢」を伝える一冊と言えますでしょうね。この本は、日本の投資における「現実」が書かれています。

まずこの本に来るのは、「安定収入のない人間は、マイホームなぞ買うな」でありますよ。毎月のローンが払えなくなると、金融側は、喜んで差し押さえにやって来る。
そう言う物件にならないように、物件購入には、工夫が必要とも言える。この本では、いっそ二世帯住宅を買って、その一世帯分を貸し出しして家賃収入を得よう、または、ちょっとでも土地があるのならば、そこを駐車場にして貸し出す事で、支払いに有利に出来るよう工夫する事が奨められている。たしかに、そうするだけで、支払い金額が抑えられるからね。
それ以上に、重要なのは、新築マンションを買わない事と言えるでしょう。新築は最初にプレミア価格が載っていると理解していて間違いない。その分確実に資産価値は減るので自分のマイホームを資産としてちょっとでも考えるなら、自分から喜んで資産を減らす行為と言えるでしょうからねえ。本にはグラフも載っているのでご参考までに。

銀行から借りる話も面白い。借りるまでは見方、借りたら敵。だから、銀行に全て伝えるのはどうかなあとも書いてある。ここら辺は知恵比べとも言えるでしょう。

また、大家さんへの道も。
例えば最初に1Rを買うなんて言う本もあるけど、それはどうしようもないコンクリートのゴミを買う行為だとも。買う人たちは、利益が得られるから買っているのではないそうで、税金対策で資産が減れば御の字と言う人だって。貧乏人が手を出して部屋モチとなったと浮かれないように気をつけないといけないです。

そう言えば、競売の事もあるけど、現在は素人は絶対に入らないほうが良いそうで。ヤクザがからんでいたり、占有屋と戦う事も考えなければ。そう言えば知り合いの不動産屋は、死体が転がっていた事も会ったそうだとさ…。そこまであるんで競売は、素人のものではなくなったと言えますでしょうね。

ひどい現実も多いけど、それでも妙味がある土地、不動産の売買。より現実的な本として、この本は読み価値あると思いますよ。

ワルが教える不動産投資マニュアル” への1件のコメント

  1. ロバート・キヨサキ氏の本を読んで、不動産の勉強をしようと思いこの本を買いましたが
    書き手の人間性がすごく嫌でした。
    自分の事をプロ、プロとアピールし人を素人素人と言い、最後まで読むにはある意味根気が必要だと思いました。
    あまったれ世代の脳では無理とか、差別的ですし、文章の書き方がいちいち命令口調!
    毒舌とかそういう問題ではないですね。不動産に関しての能力があるだけで、人としてはダメな部分が多く尊敬に値しない人だと思いました。

    この人はEQについて学ぶべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です