問題解決のレシピ

問題解決のレシピ
河瀬 誠
4820745018

必ず、今年本棚に残っているだろう一冊。たぶん今年のベスト10にも入るんじゃないかしら。そのくらいすばらしい一冊。

図解で物事を説明するとよい、と言う話はよく聞くはず。
デモその図をどのように作ったらよいか迷うことも多い。その時にはこの本に書かれている手法をうまく使えば、解決できることも多いと思う。

まず図にできないと言うことは、整理できていないと言うことが多い。それならば、課題から結論に持ってくる課程で以下三つを考える。

  • Why So? (なぜ?そう言える)
  • True? (本当?)
  • So What? (だから何?)

そんな感じで情報を少しずつブレイクダウンしていく。
その分解していく過程は是非この本を読んで、やり方を見てほしい。分岐していく図のやり方は、秀逸といえるでしょう。

そして、分解するときにはMECEと言うのが重要らしい。
MECEというのは、漏れなくダブりがない状態のこと。この状態にまで分類すると問題の「軸」と言うのがぶれなくなる。その分類にはちょっとしたコツがあるので、それは本をよく見てほしい。

この本は企画編集をする人なら、そして人に説得をしなくてはいけない人なら、きっとヒントが得られる。そんな一冊です。
こういう本が出てくるから、本読みは 、やめられませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です