葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち

葉っぱで2億円稼ぐおばあちゃんたち―田舎で生まれた「元気ビジネス」成功法則25
ビーパル地域活性化総合研究所
4093665362

お金を稼ぐって、どういう事なんだろうね。
ちょっと考えてしまった一冊です。

都会と田舎の格差がより大きく離れてきています。 その間をつなぐ所が最近の原油高も手伝って、より大変になって来ている気がしますね。田舎行くにもガソリン代はバカにならないしねえ。

でも、その隙間を埋める事に目を付けたのが、この本に出て来た人達なのかもしれない。田舎に郷愁を感じている人は都会にたくさんいます。でも仕事とは別に、すぐに田舎に行ける事が出来る人は限られるんじゃないんでしょうか。

そこで田舎にいる人は、田舎じゃないと取れないもの、例えば季節の葉っぱだって大きな魅力に映って来るんじゃないでしょうか。そこにある程度の規格が揃えば、需要が産まれるのかと。

商売のネタはどこにあるかわからないですね。
周りに当たり前にあるもの。それは人にとっては当たり前じゃない物なのかもしれません。そのギャップを埋めてあげる事が商売になるんだなあ。
この本に出て来た話題では、この葉っぱを売るだけでなく、卵かけご飯専用の醤油というのは、特殊だけど、産地のおやきの店や地吹雪ツアーなど、その場所では当たり前かなと思う事が、お金になって行く。

この本は、そのギャップを埋めるという事で、気づきが多かった気がしますね。

そういえば、この本を紹介しようとアマゾンを見ていると、この本に出て来たお話が漫画にもなっているみたい。 最近は何でも漫画になっているんだな(笑)
葉っぱがお金に化ける?!―徳島県 (まんが農業ビジネス列伝 食と農の未来を拓く挑戦者たち vol. 6)
垂井 大
4259583069

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です