マケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本

ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本
アーニー・J・ゼリンスキー , 前田 曜

発売日 2003/11/22
売り上げランキング 35,152

おすすめ平均
成功哲学か・・・
読んで損はしません。

Amazonで詳しく見る4901234404
 ナマケモノでも、そりゃ、お金持ちになりたい。何もしなくても、お金持ちになれれば、そりゃ良いだろうねえ。
 でも、この本は、そんな手段なんて載ってないよ。

 この本では、「本当の幸せ」とは何だろう。それを手に入れる為に、仕事に集中しすぎて、不幸にならないように警鐘を鳴らしている、そんな本。これを読んでいるあなた。まだ仕事中ってことない? そんなに仕事しても、仕事はあなたを救ってくれませんよ。それだったら、あなたの好きな人、家族、友人と楽しいときを過ごしなさいね。
 うーーん、書いていて、自分が鬱になる。今、奥さん実家に帰省中で、ほぼ単身赴任状態だもんで…。

 まあ、自分のことは別として、本の内容。
 この一文を抜き出すけど、これが本のことを1番物語っている。

 『勤勉に働けば成功するとは限らない。
 最低の地位から出発して何年も勤勉に働き今もって同じ場所にいる人は数知れない。そんな目にあわない為には、勤勉こそ美徳と言う考え方を捨てて独創性を発揮できる行き方を選ぶべきだ。その時、成功の可能性は大きくなる。』

 とにかく、頭を使うこと。そして、自分がやって楽しいことを続けること。お金のことは後回し。周りの目に左右されず、自分の意志持って選んでいくこと。そうすることで、オンリーワンになることができる。その時初めて、お金が回ってくる。下積みもしょうがない。

 だからといって、時間を使えばいいわけじゃない。この一文も。

 『そして、もう一つ重要なことがある。それは『時間』。どんなに働いても、時間という報酬は手に入らない。だからこそ、懸命に使うべきである。』

 なるほどねえ。そういえば、子の考え方は本田健[G]さんの考え方にもにているなあ。って、本田さんの方が、もっと言い方優しいけどね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です