凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
佐藤 昌弘



Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 この本の著者が最初に書かれていること。それは、
「言われてみれば、当たり前のこと。」そして、目からうろこ。それがこの本です、。営業をするときに、お客さんからどうやって情報を受け取るか。当たり前のことが書いてあります。

 ええ、この「当たり前」ってやつが厄介ですよね。

だいたい、営業の本って、まねのできなそうなことが書かれている本もあります。(逆にまねのできる良い本というのは、見つけにくい?)この本は、まさに良書。

 ちなみに、基本は
 「お客さんの欲しい物を売ってはいけない!」
 どういうことなんでしょうね。

 詳しくはこの本に任せるとして、どうやってお客さんの困ったことを引き出すかが重要です。欲しいものと営業する人間のできる範囲うまくマッチして、いいものを出せるよう勤めたいですね。

 とにかく「理由」ということの着目したこの本、目からうろこのコロンブスの卵的なほんでした。
 
 やっぱり物事を複雑化するより、単純化することのほうが重要ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です