経営のコツここなりと気づいた価値は百万両

経営のコツここなりと気づいた価値は百万両
松下 幸之助

by G-Tools
松下幸之助 氏の本はとてもよい。この本もよい。社長となる人、経営を考える人。そして、人の前に立っている人。そういう人は、聞けばたいてい読んでいる。松下の社長としてもすごいのかもしれないけど、この本を残すために、PHP研究所[G]を作ったその心意気もまたすごい。

 書いてあることは当たり前のことにかんじる。毎日の仕事の中で、やらなくてはいけないこと。でも、その当たり前のことが、常に出来るか。改めて自分を見つめ直す、そんな本。そして、会社を経営していれば、起こりうるだろう問題も、きっちり予測していてくれる。その時には、この本にあることを参考に自分の中で、クリアーしていこう。そう思った。

ちなみに私の好きな章は

  • 雨が降れば傘をさす
  • 率先垂範が部下を動かす
  • 好況よし、不況さらによし
  • 社員に夢を持たせない経営者は失格である

読んで見て納得の一節だ。

そして、この一言。

  • 結局は社長一人の責任

社長とは、やはり、孤独なものなのか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です