全部無料(タダ)で宣伝してもらう、対マスコミPR術

全部無料(タダ)で宣伝してもらう、対マスコミPR術
玉木 剛

by G-Tools
 儲かる会社はNewsづくりが上手い儲かる会社の過去の記事)でも取り上げた、広告として、雑誌新聞に載るのではなくて、News素材を新聞テレビなどに売り込んで、掲載してもらい無料で情報を媒体にのっけようという、虫のいい本。
 でも、実際にTVで広告をうつなんて、中小の企業では難しいし、実際にお金を払ったところで、その効果はどのくらいになるか計れるものではないし、期待通りとは行かないのがもっぱら。いまでは、普通の広告よりも、新聞のソースの一つとして企業名が上がったほうが、印象度は高いようだ。それでは、どのように載せていくかは、正直「儲かる会社はNewsづくりが上手い」のほうが、詳しいが、この本には各媒体の本音が書かれている。この部分は、読む価値がある。

 たとえば、東京12チャンネルのWBSの1コーナー『トレンドたまご』は他の新聞に比べても掲載率は高いようだ。採用掲載率は5%もあるらしい。でも、この本がでてから、競争率は高くなったんだろうな。
 あと、新聞社に送る時は、送り先は一箇所にしてくださいってありましたね。やみくもに送ると、逆に「この会社は一切載せない」とおもわれると。

とりあえず、広告を考えている新技術のある会社は考えてもいいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です