会計のことが面白いほどわかる本

会計のことが面白いほどわかる本 会計の基本の基本編
天野 敦之

by G-Tools
面白いほどわかる本シリーズ。
ホントにわかる場合もあるし、そうでもない場合もある。今回は会計について、この本で読んで見た。内容として、用語を厳選して、分かりやすくまとめてくれた本。でも、なんかつかみきれいないような…。そんな気もした。

まあ、会計ってやって見ないとつかめない。何がわかるのかが例示しないと辛いんだろうなあ。数字と用語だけ言われてもわかんない。

それじゃあ、会計に関して、今までよい本ってなかったたかなあ。なんて思っていたら、思い出した。小説調に会計の数字を見ることで、経営の流れをつかんで、引っ張るシリーズ。

<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です
山田 真哉

以前ブログでとりあげたけど正直こっちの方が、わかりやすい。というか、「会計」を見ている人たちは、どこに着目して、どういった結果を出すのかと言うのをしっかり抑えている。そうだよ。それが知りたいんだよ。用語なんてどうでもよい、よっぽど数字の流れを抑えることで何が見えるのか例示してくれなきゃ。

数字でも物語が作れるというのを是非覗いてみたいと、思っています。

 ということで、今度この2冊にチャレンジして見ようかと思っています。
<女子大生会計士の事件簿>世界一感動する会計の本です[簿記・経理入門]
山田 真哉

女子大生会計士の事件簿 公認会計士萌ちゃん (1) ヤングジャンプコミックス
山田 真哉 高野 洋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です