営業マンは断ることを覚えなさい 戦術・戦闘編

営業マンは断ることを覚えなさい 戦術・戦闘編
石原 明

by G-Tools
以前紹介した「営業マンは断ることを覚えなさい」 の実践編。
ささっと読めるシリーズですんで、ささっと読んで見ました。ポイントは一つ。

「否定後をうまく使おう」

お客さんはご主人様、こっちは奴隷とならないようにかいてあります。でも、ちょっとこの内容極端じゃないのなんて思いながら、読んでました。
でも、正直に「嫌」なら「嫌」というのは、重要です。
わたしも、無理なものは無理、出来ないものは出来ないとハッキリ言っています。時には、じぶんが不利になりそうなこともありますが。

とにかく、「本音」が重要。ココが一番のポイントだと思いますよ。
決して、毎回必ず否定語を言うなんて、無駄だと思います。仕事の内容を理解し、潤滑して、仕事を進める。それが一番だと思うのですけどね。

 でも、もう少し強気でいいのかな。そう思えただけでも、この本の価値はあったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です