教わる技術

教わる技術
水上 浩一

by G-Tools
 たくさんの学ぶ情報がでているけど、実際に学び方をかいてある本が以外に少ないような。効率的な学び方を知っていれば、一冊の本を読むにしても、早く、そして、ポイントを簡単に抽出できる。だから、まず勉強をするなら、その分野の勉強法を学んでしまうと言うのが、効率がよい。
  ということで、このタイトルを見た時に心奪われた。「教わる技術」。
 
 この本での、ポイントは3つ。

  • 知らないことを知ること
    自分がバカであることを知ること
  • 謙虚になること
    自分自身の足りないことを知り、教えから実行できること
  • 疑問を持つこと
    物事を知る前に、自分にとって疑問・問題を用意して聞く事でよりよく聞ける

その他、学ぶ上での心構えが書かれている。

 後は好機を逃さず、腐らず前向きに行動すると言うことでしょうか。
 あのときの好機を逃したのは、損だったなあ、自分にもあります。断らずにやっておけば良かったなんてことも。
 何事もたくさんの学びが潜んでいます。たくさんの機会を逃さないように、進んでいくしか方法はないのかなあ。そう思った次第。

 手軽に読めるけど、自分自身を見つめ直して見るのに良いかと。少し天狗になっている人にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です