FISH !-フィシュ!-

fish

 仕事を楽しくするのも、惨めなものにするのも自分次第。当り前ながら気づいていない職場がいくつあることか…。
運が良いことに私はあまり、「いる気もしないろくでもない職場」というのは、あまり経験はないが(ちょっとだけあったけど)楽しい仕事場が多いなあと思っています。
みんな楽しく仕事ができること、これが一番重要なんだけど、それを持っていくためにどんなことに気をつけるか。お話仕立てで書かれています。
 ちなみに、この本、greeを覗いていたら企業家系の人が一杯推薦していた本。一度読んでみるか。

この本に書かれている重要なこと。それは4つ。

自分の態度を選ぶ→遊びを取り入れる→人を喜ばせる→人に関心を持つ

これは、私の周りにいる先輩だった人が良く言っている言葉な気がする。自然とこの点は自分も昔から取り入れた、というか、先輩に倣ってとりいれたことだったなあ。そういう意味でも私は運が良いんだろう。
前、いっしょに働いた上司はこれにプラスして「共に働く人はライバルじゃなくて、仕事場で最後に守ってくれる同士」と形容していた。この気持ちがあると、共に働く人を大切にせずにはいられなくなる。だって、最後に助けてくれるだろう人。ないがしろにしたら、それこそ罰が当たるというものだ。
 あと重要なのは、「自分の仕事に責任感をもつ」ということ。自分の仕事に誇りを持ってやっていれば自信もつくしプラス思考もわくってもんだ。
 仕事は家族といっしょに過ごすくらい、時間をいっしょに共有するもの。楽しく過ごしたいじゃありませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です