マネー・ボール

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男
マイケル・ルイス 中山 宥

by G-Tools
 正直な話を言えば、野球ってまったく好きではない。高校野球の努力と根性、汗と涙というのが、一番嫌いだったりする。
 そんな人間が、こんなに野球って面白いのか!!なんて、思ってしまう、最近読んだ中でビックリしたうえに、変にすがすがしく感じてしまった。でも、野球は根性でやるのがいいのよ、などと、口走る人からすれば、きっと読むに耐えられない本なんだろうなあ…。
 
 アメリカの大リーグはご存じの通り、すごい札束の数が行き交う世界。ヤンキースなんて、1チームで日本球界全部買えるんじゃないかと言うくらいの金額が、契約金にでてくる。その中で貧乏球団アスレチックスを舞台に、単純に目立つだけの選手をとるのではなく、「出塁率」のよい選手を選びだして安い契約金で効率良く働かせる。 この本で、徹底しているのは、「投資効率の良い選手をどうやってとるか」という、GMの手腕を見せていく。このチームにはバントや盗塁という手段をまったくの無駄な行為とし、行ったものに制裁をかけていく。なぜなら、「効率」が悪いからというではないか。 ここまで、徹底していると見ていて気持ちよくなってきますな。

 チームのGMはビリービーン。メジャーリーグでは大変有名な方のようです。冷徹な計算だけの男と思えば、そんなことはなく、自分の思い描いていない事が起こると、椅子は投げるは壁はけるは物は壊すわの暴走男に早変わり。野球中継を見ていれば、イライラするからと、その時間は得点情報だけの端末だけ持ってジムに励むという、よくわからない人。そのギャップがまた面白い。本当にいる人物だから、また笑える。

 翻訳本らしく、ちょっと読みづらい本ではあるが、痛快な本なので、野球嫌いには特におすすめする。日本もこのくらい面白い事するチームが出てくると良いなあ。可能性としては、楽天とか、広島とかに、この路線に走ってもらいたい気がする。そうなると俄然応援したくなるなあ。もうわたしは、 アスレチックスのファンになりましたよ(笑)

そういえば、今年、阪神の薮が入団しましたね。ビリービーンに嫌われて憤懣発散のトレード候補にならない事を祈りますが…。

 あと、ビタミンXさんによると日経マネーで日本版「マネーボール」が掲載されていました。見ると案外広島って投資効率の良いチームみたいですな。あそこにビリービーンみたいなGMが入れば面白い事になるんじゃないかしら…。

マネー・ボール” への2件のコメント

  1. TBありがとうございます、
    こちらからもTB送りました。
    エントリー内で私のブログへの
    リンクありがとうございます。

    藪選手は気になります、
    きっと成功してくれると信じています
    活躍を期待してますが
    うまくい行かず、期待はずれで
    ビリー・ビーンに嫌われたら
    もう一度阪神へもどってきてほしいです。

  2. >Tomaさま
    お返事トラックバックありがとうございます。
    薮選手どうなるでしょうね。
    日本の人が理解できそうもない、強烈なGMのチームですから、日本にいる感覚で向うに言ったら、すぐ放逐されそうな気がして怖いです…。
    私としては、アスレチックスの稼ぎ頭として活躍してくれると期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です