図解・創造的仕事の技術

図解・創造的仕事の技術
忰田 進一

by G-Tools
 なんとも解説しづらい本です。でもよい本にはかわりはないということで。この本は、図解に関して詳細に解説、そして、理解しやすい図解とは何かを論じている本。
 最近のプレゼンテーションや、解説の時など、図があるとどんなに楽かと言うのは感じられている人多いのではないでしょうか。そして、PowerPointを使ったプレゼンテーション、どのように作ったら良いのかと迷う人にとっては、福音になりそうな本です。

 読んでみるとわかると思うのですが、結局図解も企画書と同じく「目的」がいったいなんなのか。これを理解できると、その「目的」に向かって図を作成していけば良いのです。ゴールがわかれば、方向が見える。そして、方向がわかれば道が見える。と言う事ですな。

 この本は、あくまで図案化した解説を書くにはと言う事が中心です。具体的に図をどのように書くかは、以下の本を参考にしたりPowerPointの素材集などをチェックしたほうが、早そうです。どちらにしても、「何のために書くか」 意外と、この事に気がついていない人が、多いのは、私が以前講師をした時に、学生さんに対して感じた事がありましたね。

マッキンゼー流図解の技術
ジーン ゼラズニー 数江 良一 管野 誠二 大崎 朋子

「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール ブルーバックス
藤沢 晃治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です