働く気持ちに火をつける

働く気持ちに火をつける?ミッション、パッション、ハイテンション!
斎藤 孝

by G-Tools
斎藤さんの本はとても読みやすい。その反面、困ったことは、すぐに読み切ってしまうこと。ああ、読みおわちゃった。ということが、多いのよねえ。
 で、今回の仕事に関する心意気と、仕事術と言う感じでしょうか。パッションを持ってハイテンションで仕事しよう。お金じゃないんだ。満足感と感動を〜!そんな勢いです。弱った体には、栄養剤になりそうな、そんな感じ。きっとこの感じは、ホリエモンの逆を言っている感じですな。でも、結構職人気質な人は、そんな感じの人多いですよ。やっぱり気持ちが来ないと、結果が来ないと言うことですな。

 そんな感じのことが、彼自身の道とたくさんの偉人の話で彩られている。結構皆苦労しているのね。でも、そんなことをバネにやってきたんじゃないの。逃げずに行けば、何事もうまくいくさ。
 斎藤さんもとっても苦労していたようで、イマの大学の先生になる前は、子供もいたのにプータローだったようで、やっぱりそこには、後ろめたさがあったようだ。

 とにかく、やりたいことがあるなら、相手の場所を奪ってでも、自分を主張する。やっぱり園くらいはしないといけないのだよ。ぬけがらな人間には、なんか熱くさせる一冊ではありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です