アンタがやったら、もっと儲かる

アンタがやったら、もっと儲かる?儲からんのはアンタのせいや〈2〉
桂 幹人

by G-Tools
 前回紹介した「儲からんのはアンタのせいや」の続編。前回の書籍かが反響良かったようで、そのあと、たくさんの仕事の依頼が来たようだ。確かにあの本を読んでみれば、どんな人なのか興味津々になるでしょうね。
 今回は社長業とは、そして、会社経営とは、と言う観点で書かれている。かなりの率で社長業をしている人は、経営として、ではなく、技術の長として出ている人がいる。そして、社長業を理解していない人も多いようだ。そのため、会社経営にいきずまる。
 会社とは、利益を出してなんぼなんだと言う事が、繰り返し強調される。

 なんとも深い話ではある。そして、この本では、著者の桂さんの事業の話も。なかなかに苦労されたようだ。事業の道はむずかしいものですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です