儲かる会社の作り方

儲かる会社の作り方
松井 浩一

by G-Tools
 至極真っ当な本。会社経営をやっている人、また、会社の社長を目指している人には、必ず読んでもらいたい、そんな本。書いていることは、派手なことを書いていません。たとえば、こんなマーケティングをすればお客が集まるとか、センセーショナルな売り文句をどう書けばいいか。

 そういった内容は、一切なくて、基本的な会社運営方法はどんなことがあるのか。例えば、PS/BSはどこを見るのか、商品ごとの営業利益率を考えて、どこに力を注がなくてはいけないか。また人件費や固定費を削るには、どこを見ていかないといけないかなど。
 こう書くと非常に地味な内容のような。

 でも、それだけですまないところが、著者のがんばった所。ちょっとした小説調にお話を落とし込んで、経営法を気軽に学べるように工夫がしてある。
 じっさいに、話として面白かったし。

 たとえば、この本を経営者に読ませて、「つまらん」と反応する人間なら、その会社やばいかも。派手な所だけじゃなくて、裏の会社実態をしっかり抑えておくこと。これがないと、会社は回らないし、業績を上げるには、どこに手を入れていったらよいかわからないからねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です