世界一感動する会計の本です

<女子大生会計士の事件簿>世界一感動する会計の本です[簿記・経理入門]
山田 真哉

by G-Tools
 山田氏が送る、分かりやすい会計の簿記経理入門編。金額的には小額ではあるが、実践で使える簿記の書き方を、お話仕立ての筋の中に落として読みやすく解説してくれる。
 簿記って、確かに面倒なんですよね。でも、これがわからないと会社のお金の動きがわかりません。そのうえ、株をやっているなら、会社の業績すらわからずに、クソ株をつかまされる危険があるくらいですから。経済活動をやるうえで、知らないと問題です。
 
 そこで、前回の世界一やさしい会計の本ですとセットで読んでおけば、だいたいの雰囲気を高校生くらいからな理解できるのではないかしら。(内容を解説してくれる人がいれば小学生高学年でも可能かも)
 ちなみにこちらの本は、女子大生会計士事件簿の前に作られた本だそうで、内容は、ファンタジーRPG風の簿記話。なんとも面妖な説明になっちゃいますが、本当だから仕方がない。でも、分かりやすいように工夫されているので、いいと思いますよ。お金の動きも、込み入っていないので、数字嫌いでも2〜3度繰り返してみれば、わかるレベルですから。

 感動するかどうかは別として、面白かったのは事実。数字を右に置くか左に置くかで、結果が違って見えてくる。結構簿記って面白いかもと思えたら、それだけでもみっけものかもしれない。

<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です
山田 真哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です