儲かる「現場」をつくる7つの道具

儲かる「現場」をつくる7つの道具
杉谷 正廣
4569634885
 伝説の戦闘機「紫電改」。そのノウハウをもとに?制作されていった日本の工業ぶつ。著者はダイハツの「ミゼット」といったいまでは伝説になったような車を作成したようだ。そのノウハウでコンサルタントに転身、さまざまな会社にそのノウハウを落としていったようです。

 ちなみに、タイトルででてくる7つの道具とはこんな感じ。

  1. トップダウン(夢や方向)による経営を
  2. ボトムアップのマネジメントを 無駄を取って効率良く
  3. マーケティングを すべての商品に賞味期限
  4. お客様第一 クオリティーチェック
  5. トヨタ式のジャストインタイム
  6. 現場からやる気人間を
  7. 「経営」と「管理」

7つの改善の話も面白かったけど、正直「紫電改」の話の方が気になって、そっちしか覚えていないw 紫電改の工場は空爆で焼け野原になったんだねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です