裏 お金の現実

20050620-urabook.gif
先ほど紹介した「お金の現実」、その裏本。普通のお店では売っていない。なぜなら、これって個人出版。おいおい、このレベルの本、しっかり裏綴してあるし、ほとんど店売りと変わらない、その本が、1500円で売っちゃったら利益でないでしょう。とおもったら、本人のページにも『赤字』と書いてあったよ。面白い事するには、お金がかかりますな。

 ちなみに、この本は一般売りしていないけど、紀伊国屋では売っている。あるうちに買わないと、幻の本になるかなあ。オークションで高値取引されたりして(笑)

 本の内容は、『お金の現実』のまさにB面。書いてあった真当な事も、実は漏れがあったり、うまくいっていないことが書いてあったり。やはり一筋縄では行きませんな。そんなことが書いてある。

 とにかく、『お金の現実』を読んでいなければ、面白くもなんともない。読んでみて面白かったら読んでみる価値あるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です