日経平均4000円時代が来る

日経平均4000円時代が来る
大竹 慎一
4894511940
 日経平均4000円。明日来るわけじゃないよ。2015年位を目安に来るらしい。
 日経平均4000円が来る原因として、こんな感じのようだ。

  1. 高すぎる日本の賃金 平均名目所得がアメリカの2倍、東南アジアの10倍。公務員のさして大変な仕事をしていない人が1000万を超える報酬を得ている。どう考えても、他国に比べて、それ以上の働きをしているとは考えずらい。著者は海外工場移転か海外移民に寄る工場の維持。それが嫌なら賃金圧縮を受け入れるべきとしている
  2. 高すぎる地価 バブルの上がった地価の影響はまだまだ残るし、悪い影響はまだ残っている。大手銀行はまだまだ、バブルの無駄な融資に青色吐息とな。そして、銀行が少しつぶれないと…
  3. 国債の発行しすぎ そして、国債暴落。これが原因から、日本は最悪個人貯蓄を奪うような事をするかもしれない。

などなど、興味深い内容から導き出している。でも、4000円の裏付けは特にない感じ。目標価格がそのくらいということだ。
 よく株本でささやかれているのは2008年団塊世代が働き手として抜けた時に大きな日本の動きが出てくると言う事だ。

 まず、この動きに対応するには個人ではどうしたらよいか。基本は借金を持たないようにすればよいとある。具体的には家を買わない。子供を大学にいかせない。無理に借金を借りるようなマネは避けると言うわけだ。でも、個人的には、家も欲しいし、子供も大学に行かせたいが(笑)

 そして、今の経営者は、その時代に備えて、銀行に借金せずに経営できるように考えないといけない。そのような経営をしないと、その波にさらわれてしまうと言う事だ。

 話は変わって、この本では、そんな経営をしていそうな、よい会社と言うのも載っていた。株好きとしては、興味あるね、その会社。ちなみに上がっているのは、こんな会社でした。サンマルク[G]SFCG[G]ダヴィンチ・アドバイザーズ[G]エステー化学[G]ドットウェル[G]光彩工芸[G]アルビス[G]とな。知っている企業もない企業もあるけど、注目してみようと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です