Web標準の教科書

Web標準の教科書?XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
益子 貴寛
4798010928

こちらのblogでは、同じ著者の本を以前紹介しています。非常に良い本で、制作には重宝しています。
伝わるWeb文章デザイン100の鉄則
http://www.sisimaru.com/index.php?itemid=120

 さて、今回は、最近のCSSとXHTMLでの書き方講座と言う感じで。
 初心者向けに書かれているかと思ったら、以外に骨太。HTMLでやっちゃった感がある、細かな問題も見事に指摘してあって、HTMLをある程度極めてXHTMLをガンガン導入している私としても、発見する知識が多くて重宝しています。

 たとえば、floatで指摘していて、回り込み解除を組むときにどうしたらいいかなあと。そんなときはBRのClearタグを使って設定してしまったけど、CSSでClear設定があるんだなあ。一気に導入したので、おいら漏らしが幾つかありましたねえw 
 テキストの使い方や設定など、詳しく書かれていて、『なるほど』と思うところも多く、あえて現在CSSベースでレイアウトを組む人間としては、確認として、読んでおくと便利かなあ。

 そして、これからCSSを組む人も、どうやって組むべきか全体を見るのによいかもしれません。しかし、最初は、この技術もWEB上ででているものをHackしながら理解したのに、良い本がそろってきたので、これから勉強する人には、得な話ですなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です