渋谷ではたらく社長の告白

渋谷ではたらく社長の告白
藤田 晋
4344990064

サイバーエージェントの藤田社長さんの本。ちょっとタイムリーかなあ、ということで、読んでみました。
 藤田社長さんの、サイバーエージェント、いまは多くの事業部を持っていますけど、最初はネット関係の営業をやってらした会社さんだったんですね。知らなかった…。たしかに、IT系の会社の多くは営業がきちんと出来ていない会社が多いのは事実。そして、わたしの会社も、営業経験のある人間が皆無。ほとんど紹介で、仕事をしてますし、あまり仕事が増えすぎて、クオリティーの維持も難しくなるので、営業出来なかったと言うのも事実なんですよねえ。でも、ある程度大きな仕事をするためには、営業が必要。そして、顧客との良い関係を保つと言う意味で、営業さんが必要だなあと痛感しています。だれか、営業やってくれないかねえ(笑)

 と、愚痴ってもしょうがないので、内容としては、奥さん(いま言えば前妻かな)と結婚するまでの話が、つらつらと。上場社長の辛さもひしひしと伝わってきます。上場はたしかにお金の面で、非常に魅力的なんですが、そのリスクの高さも。これは、自分でも株主しているので、理解しているつもりなんですが、ヤッパリ理解しきれずに、上場されている社長さんもいるんだなあ、と感想を持ったり。
 私だったら、上場リスクに晒されるなら、サッサと会社処分したくなりますがねえ。

 とにかく、営業中心の会社の『イケイケどんどん』を具現化した感じには、フヘェ、という感じですが、ヤッパリ会社を極端に大きくできたのは、行動力と人の縁、そして営業でしょうか。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です