損から学ぶ株式投資

損から学ぶ株式投資?身銭を切って学んだ知恵
近藤 克也
4496039044
身銭を切った話が読めるというので、読んでみたかったのですよ。そんな話なら、大歓迎。
この本では、著者が実際に株の取引を行って感じた事、経験した事が書かれています。それも失敗の事に関しても。この点が、非常に好感が持てました。私が気になったポイントは、こんな感じ。

  1. 知ったが病 あなただけよ、と言った情報なんて、実は皆知っている。それに引っかかって、損するだけかもよ
  2. 蘇る亡霊 株の基本は実は単純で平凡。トリッキーでない基本的なボックスによる投資とか、案外まだまだ使える手段だったり
  3. 無理な注文は出さない 今日だけしか儲からない。そんなことはない。儲かるなら明日も儲かる。駆け込み購入なんて、後でビックリする事があるかも。
  4. 休むならいまだ やられたー。損きりしたら、そこで休んじゃいけない。損切りを完了してドテン買いなり売りなりして取り返すのだ。休むのは勝った時に。勝ったあとは浮かれて変な銘柄買う事も。

 などなど、役に立ちそうな情報が。実地で得た知識。あるある〜なんて言いながら楽しく読ませていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です