こんな売り方もあるのか?!

こんな売り方もあるのか?!?高額商品は接点マーケティングで定価で売れ!
松岡 在丸
4766782755
 新規営業、ですか。
 うちの会社はウェブ製作をしています。うちの会社も、正直申せば、新規にお客様を獲得するのは得意ではありません。何より、いくつもお客様を獲得してきたお客様のウェブサイトも作っています(本当ですよ)。 でも、自分の会社のサイトには、商品目録や具体的な価格提示すらありません。ひどいことに、「お断りすることがあります」などと謳っています(笑)。 それでも、来てくれる方がたびたびおります。有り難い話です。
 現在のところ、良い商品や、お客様に満足いただいている現状はあります。でも、すごく少ないお客様だけを対照にお仕事をやっています。というのは、ある程度わかって下さる、そんなお客様だけを相手にしているのかも知れません。現在、スタッフも若干増えているので商品をもう少しわかりやすくしたいなあ、商品を理解した新しい顧客とも会ってみたいなあ、そんなふうに思っています。まあ、自分も講師業でもお金をもらっているので、より使える戦術や、組み合わせの商品ということで、お話出来ると思っています。
まあ、自分の会社の話はいいや。

 で、新規顧客の獲得法ですな。この本では、同じように売りずらい商品「住宅」を販売しています。当然一生に一度の買い物とも言える高い商品ですので、簡単に売れる訳がありません。でも、著者は、がんばって、お客様に「売って下さい」といわせているようです。手法は、小冊子によるマーケティング。小冊子をどのように作成し、配布し、そして、絶対に「買って下さい」と言わないで営業をしているようです。そこまで我慢できると言うのは素晴らしい。言いたくなるのを我慢している(笑)

 とにかく、「今すぐ必要」、その層ではなく、「何となく欲しいなあ」という層から、実際に必要と感じられるまで育てるということを実際に行っているようだ。なるほど、その過程は面白そうだなあ。

 この本のやり方は、非情に理にかなっているような。個人的にも、押し付け商法は大嫌いだし、したくもない。押しつけがましくもなく、お客様と営業する人間、共に尊敬し合える関係が維持できる。まさに理想形だ。そんな方法を何とか腰を据えて積み上げなきゃなあ、会社経営者としては、非常に焦ってしまった一冊でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です