その営業はもう、ホームページにまかせなさい

その営業はもう、ホームページにまかせなさい
齋藤 伸也
4798108561
新規営業の獲得に関して、最近良く騒がしているのは、ホームページを使った営業法だ。うちの会社も、商品ラインナップをちっとも掲載していない、営業面としては最悪のホームページながら、お客様はきてくれている(汗)。 もっとしっかりやれば、新規のお客様来てくれるのに、ひどい話だ。
といっても、いつも更新のお客様が多いので、そっちをおろそかにする訳には行かないんですよ…。と、言い訳したところで、新規がある程度、来ないと会社は終わりますので、なんとかしないと。

 この本では、営業面としてのホームページの利用法についてだけが、徹底して書かれている。
 あくまで、ホームページを中心にして見たときに使える本なので、「ホームページだけで全てがまかなえる」と深く思わないように。気をつけないと足下をすくわれるから。
 営業とは、あくまで、様々な活動をとおして、会社を知ってもらい、その結果に結びつく。あくまで、ホームページは、受け身のメディアでしかないので、その事を理解して、サイト構成を考えないといけないわけだ。そこで、役に立つのがこの本というわけだ。

 この本の感心するところは、あくまでホームぺージを活用するには、『営業マンが培ったノウハウは役に立つ』というところ。
 営業マンが口頭で伝えている商品の『売り』に関して、それこそ、ホームページに掲載することだと伝えている。
 その為に営業ツールとして、顧客イメージを伝えるノウハウや問合せ方法などカバーしていく。

 淡々と書かれているが、ポイントポイントで、使える言葉が出てくる。何となく見逃しがちな本ではあるので、付箋を用意して読むべき本な気がした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です